3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
オシャレなカフェに通っちゃう様なオシャレさんではありませんが
おいしいコーヒーを飲みながらマッタリできる場所が好きです。

地元の話をしましょう。
4号線沿いにお気に入りの喫茶店があります。
間違っても「カフェ」とは言えない様な、いかにもな喫茶店です。
地元では珍しく夜遅くまでやってるお店で、
仕事(バイト)後、同級生と遅くまで喋くってたこともあります。
そのときの話なんですけどねぇ…。

あたしがそのお店に行く時はたいてい
カタコトのイケメンウェイターが対応してくれていたんですが
その日は普通の日本人のおばさんでした。おそらく経営者の方かと。

そのお店は、間取りがちょっと凝ってて
個室ではないけど他からは絶対に邪魔されない席があるんです。
そこがあたしのお気に入りの席なので、その日ももちろんそこに陣取りました。
すると、おばさんがすぐにお水とお絞りを持ってきて
「若いお二人でいいわねぇ。オホホ」

内心、なんか誤解されてんなぁーと思っていたんですが
とりあえず面倒くさいので放っとくことにしました。
でもね、来るたびに何か余計な事を言ってくんですよ、そのおばさん。
「はい、これ彼女のね」
「こっちは彼氏のね」

あのくらいの年代の人って、
若い男女が一緒にいたらカップルだと思い込むようにインプットされてるんですよ。
だからこのくらいは仕方ないです。許しますよ。我慢もします。
でも、このおばさんはかなりのツワモノでした。
これだけじゃ済まなかったんですよ。

ご飯の後、デザートも食べようということになって
あたしはパフェ、友達はあんみつを頼みました。
しばらくするとまたあのおばさんがやって来たんですが
運ばれてきたあんみつを見て、あたしは思わず「わ、すげぇっ!!」
おばさん「彼氏の方におまけしといたからね。特別よ。
      バナナ立ててきたから。お若い二人の為にね。
      これ、おばさんの気持ち♥ これ食べてがんばんなさい」

が、がんばるって何を!?
つーか、何を考えてんですか、あのおばさんは。まったく…。
ところで、なんであたしのほうにはおまけしてくれないの?

そんなこんなでデザートも食べ終え、
同級生ならではの昔話に花を咲かせていたんですが
突然あたし達の席の電気が消えたんです。
「えっ、何!? 閉店? もう帰れってこと?」

訳もわからないまま、とりあえず帰り支度をしてレジに向かうと
奥から例のおばさんが出てきます。
「あらっ、そっちの電気が消えちゃった? ごめんねぇー。
 奥の方を消そうと思ったんだけど、間違っちゃったみたい。
 でもまぁ、若い人には暗い方が良いんでしょ?
 これもおばさんの演出よ♥ もっとゆっくりしていきなさい」

もう勘弁してください…。

そりゃ、おばさんにはどう思われようと知ったこっちゃないんですが。
これで一緒にいたのが好きな人だったら何されても喜んじゃいますよ。
でもそうじゃない場合、こういうのって逆効果なんです。居心地悪いです。
まぁ、おもしろかったから許しますけど(笑)

おば様、あたしにステキな彼氏が出来たら連れて行きますんで
その時こそよろしくお願いしますョ☆
てか、今度はあたしにバナナおまけしてください。(立てなくていいから)
友達のブログに歯の手術の話が書いてあったのを読んで(まろさん、がんばれ!)
地元の歯医者さんのことを思い出しました。
「最近、刺激が全然ないよねぇー」
山子が突然、こんなことを言い出しました。

「だねー」 あたしも山子に賛成しました。
「よし、じゃぁこうしよう。毎日テーマを決めて、そのテーマに従って行動すんの」
「は? どういうこと?」
「今日のお前のテーマは、『女子プロ風』だ」
「訳わかんねぇ! 攻撃的ってこと?」
「そうそう。あと、方向転換するときは必ずどこかにぶつかってその反動で…」
「ロープを活用するのね?」
「そういうこと。今日のお前は女子プロ!」
「オッケー」

今思えばすんなりOKしすぎたような気もしないでもないけど
なにも無いまま一日中ボーっとしてるよっかマシかなーと。
で、その後ずっと攻撃的に「やんのか、コノヤロゥ」「かかって来いや」
「シャァー!」などと言っていたんですが、山子は全然のって来ない。
「なんだよ、山子も一緒にやってよ!」
「だって、山子のテーマは『女子プロ』じゃないもん」
「じゃ、なんなの?」
「お前の専門分野にあやかって『楔形文字風』にする!」
「『文字風』!? 意味わかんねぇ!」

その後山子は、相変わらず「シャァーー!!」とか言ってるあたしを尻目に
言葉では表現しきれないような不思議な動きをしていました。
あれが山子なりの『楔形文字風』なんでしょうか。

凡人には思いつかないようなことを突然言い出す山子、大好きです。
日本から手紙が届きました。
差出人 『山 山子』
誰だよ!

あたしは山山子が大好きです。
山山子・フォーエヴァーです。むしろフォーエヴァーラヴです。
つまり、山山子は永久に不滅、ということです。
例え巨人軍が滅んでも、あたしはずっと山山子のファンであり続けるでしょう。

エキセントリックな山山子は、手紙もエキセントリックです。
手紙といえば「久しぶり、元気?」などと始まるのが一般的なのでしょうが
山山子の手紙は、出だしに一言
『ロンドンロケンロール!』

気に入った!!
さすがは山山子、いいこと言うなぁ!
あたし、これからは『ロンドンロケンロール』でいきます。
いゃむしろ、ロンドンロケンロールだゼ、ベイベ。
地元が大好きです。
地元を愛しています。
いつかは故郷に錦を飾りたい、と思っている程です。

ですが、今流行の市町村合併のおかげで、
昨年の12月31日をもって
錦を飾るべきあたしの故郷がなくなってしまいました。
あたしは一体どこに錦を飾れば良いのでしょぅ。

いっそのこと、余興ににしきのあきらを呼んでしまおう、
と、ミッキーさんのネタをパクってはみたんですが、
最後がどうしても思い出せません。
ミッキーさんって覚えてる??
「勝って故郷に錦を飾れ!」
「そしてお前は余興ににしきのあきらを呼べ!」
「そしてお前は…」なんだったっけ?
思い出せない!くやしぃ!ここまで出てるのに!コケーッ!

あ!思い出した!!
「そしてお前は、トウキョウトッキョキョカキョク
キョクチョウノモトヘキョウキョガカッカ!」
言えてなかったんだよね、たしか(笑)
ちょーーーーうれしぃーーーー!!!

あのね、夏にバイトでお世話になってたカフェの皆さんから贈り物が届いたの!!
ひとりひとりの写真とメッセージのってるアルバムみたいなもの!!
懐かしくて嬉しくて、何度もなんども読み返しちゃったよ。
ほんと、すっごくうれしーです!!どーもありがとー!
あたし、幸せー!!

別の友達からも「手紙送ったよ」って言うメールが来たし。
うれしいなー、幸せだなー。
もう、淋しい年末だなんて文句はいいません!!
ありがとう!
ティーンエイジャーの話をしましょう。

あたしがティーンエイジを卒業して早3年と4ヶ月もの月日が経ちました。
ちなみに、ティーンエイジとは13歳から19歳までの間のことを言います。
(人によっては18までだと言う人もいますが)
ティーンエイジが「10代」だと思ってた方、それは間違いです。
どうしてだか知ってる??
13から19までの数字は、英語にすると語尾にティーンがつくんですよ。
サーティーン、フィフティーン、ナインティーン…、ね。
だから11(イレヴン)12(トゥエルヴ)は含まないんですよ。
そんな、どうでもいいウンチクでした。

ティーンエイジャーの話に戻ります。
あたしがティーンエイジャーだったのはかなり昔の話ですから
それなりに年をとった身としては、今現在のティーンエイジャーを見ると
やはり「若いな、このヤロウ」などと思ってしまうわけですよ。
夏休みのバイト先にも、ティーンエイジャーが何人かいました。
そこであたしは10代と20代の差を肌身で感じました。
まず、彼女たちは『にこにこぷん』を知りません。
『にこにこぷん』は多分、今30代前半の人から
あたし(23)と同年代の人までの共通の話題のはずです。
その職場でも「ジャジャ丸!ピッコロ!」って言えば
誰かしら「ぽ~ろりぃ~♪」って歌ってくれたもんです。
でも、それを横で聞いていたティーンエイジャー達は
「なにそれ?」って、きょとーんとしてるんですよ。
ちなみに、彼女たちの世代は『どれみふぁドーナッツ』のはずです。

ついでにもうひとつ「ちなみに話」をすれば、
平成生まれは、SMAPが昔6人組だったことを知りません。
ですからきっと、SMAPが昔スケボーに乗っていた事も知らないでしょう。
光ゲンジ=ローラースケート、SMAP=スケボー。でしたよね。
そんな、どうでもいい雑学でした。

ティーンエイジャーの話に戻ります。
そんなこんなでティーンエイジャーとは話題が合わない事もあります。
そんな時、あたしはオッサン根性丸出しでこう言います。
「まったく、これだからティーンエイジャーは…」
横にいたバイト仲間(あたしより少し年上)がこう言いました。
「うん、世代ギャップを感じるね」
『ジェネレーションギャップ』ではなく『世代ギャップ』というあたりに
あたしと彼女の世代ギャップを感じました (笑)

最後にひとつ、
「これだからティーンエイジャーは!」と言いたくなる話をしましょう。
バイト先の一番若い子は、時々あたしのことをたくやと呼びます。
「ねぇ、たくやー。たくやはSとM、どっち?」
「は? いきなり何を言い出すのょ、この子は!」
「ねぇ、いいから、どっちー?」
「まったく、最近のティーンエイジャーは…」
「どっちかって言ったら、どっち?」
「んー、どっちかって言ったら、マゾかなぁ…」(答えてるし)
「はぁ? なに言ってんの?」
「え゛っっ!? SMの話してたんじゃないの?
 あたし、まじめに答えちゃったじゃんか!恥ずかしいぃー!」
恥ずかしがって慌てふためくあたしを尻目に、その子はこう言いました。
「マゾって何?」
「えー、じゃぁ、何の話してたの?何が聞きたかったの?」
「だからぁー、SかMかって話をしてたの!
 で、たくちゃんはどっちなの??」
「だから、どっちかっつったらマゾだってさっきから言ってんじゃんっ!」
(そんなことでいばるなよ…)
「だから、マゾって何?」
「サドかマゾかって聞いてるんでしょ?
 SとMはサドとマゾの略なのょ。サディスト、マゾヒストって言うの!」
「ふぅ~ん」
おいおぃ、何を教えちゃってるんだよ、って感じですが。末恐ろしいですな。
でもかわいいから許しちゃぅ☆(オッサンです)
昨日の日記、何が書きたいのか全然わからないね。
ま、いっか、気を取り直していきましょう。

っつーか、ちょぉぉーーさみぃんだけどっ!
「つーか」「ってか」ってよく使っちゃうんだけど、
何の脈略も無しに使うのは間違いなんだよね、本当は。
わかってはいるんだけどねぇ、
昔から使ってる言葉ってのはそう簡単には抜けないもんです。

ところで、あたしはここで苦言を呈したい。
「苦言を呈する」の意味はよくはわからないのですが、
とりあえずひとつ言っておきたいことがあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。