3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
やりました、ウェールズ。
すごかったです。
とにかくすごかったー。
なんか、ちょっとはまったかもです。

あのね、このウェールズ・アイルランド戦を見て決めたんですけどね
あたしね、ラグビー界では
(ほとんど知らないくせにとか言わないで下さい)
クリス・ホワイトって人が一番好きです。
すっげーすきです。
この人が出てる試合は全部見たいくらい好きです。


初めて見た試合も、この人が出てたんですよ。
で、試合そっちのけでこの人ばっかり見ちゃって
ラグビーって面白いかもー!!って思いました。
そして今回の試合で、乱闘の仲裁&お説教をしている彼を見て
やっぱりすげぇなぁーと思いました。

なんかよくわからないけど、
とにかくすごかったんですよー。
はー、すごかったー。
チェルシーの監督ってかっこいいすね。
別に外見じゃなくて、なんていうか、とにかくかっこいいです。
記者会見を見てそう思いました。

すごく横柄なんですね。
その会見でも、記者も思わず笑っちゃうほど横柄でした。
でもね、「今の会見を見て、どうですか?」って訊かれたサッカーの解説者が
「横柄、無礼、そして自信に満ち溢れている。監督とはこうあるべきだ」と。
こんだけ横柄でも許されちゃうあたりがすごいと思いました。

やっぱり、何かで成功する人ってのは
有無を言わさず「すごい」とだけ言わせるような、
なんかそんなものを持ってるんでしょう。
せっかく野球の話が出たところで、ついでにソフトの話もしましょう。
せっかくですから野球とソフトの違いのお話をしましょう。

野球とソフトは似ているようで違います。
塁間の距離や投法、マウンドとサークルなど誰が見ても明らかなものは措いといて
今日は、知ってるようで知らない細かいお話をいくつかしましょう。

プロ野球の試合で、インフィールドフライのコールがかかることってあるんですか?

インフィールドフライのルールはよく知ってます。
でも、プロ野球の試合では見たことないんですよ。
だから野球には「インフィールドフライ」のルール自体無いんだと思ってました。
ルールの意図をよくよく考えれば、
野球、ソフトに関係なく必要なルールだってことはすぐわかるんですけどねー。

プロ野球選手ともなると、その辺のルールはよーくわきまえてるから
どんなに簡単なフライでもわざと落球なんていう馬鹿なことはしない、
だから審判もわざわざコールしたりはしない、ってこと??

でもさ、だとしたら、わざとじゃなくてうっかり落としちゃった場合はどうなんですか?
一旦「インフィールドフライ」コールがかかったら、
わざとだろうが、うっかりだろうが、
あるいはちゃんと捕球しようがバッターアウトでしょ?
わざと落とすことは無いにしても、うっかり落としちゃった場合、
もしコールがかからなかったら、すぐさま捕球して併殺、ってのもアリなんじゃない?

あ、もしかして、実際はコールしてるんだけど観客には聞こえてないだけ?
むー。それはあり得るなぁー。

誰か、知ってたら教えてください。
「あたしが応援すると負ける確率」はかなり高めです。

サッカーのテレビ中継をなんとなく見ていました。
全然わかんないんですけど、あれはすごく重要な大会なんですか?
アーセナルと、えーと、どこだっけっかな?
ミュンヘンのなんとかって言うチームですよ、あの怖そうな人がいるとこ。
あ、そうそう、 Arsenal vs Bayern Munich。その試合を見ました。

サッカー中継を入場からちゃんと見るのなんて初めてです。
いゃ、ちゃんとは見てませんね、なんとなく見てました。
見てるんだか見てないんだかわかんない程度に見てました。

前半を10分ほど見た後、ちょっぴり飽きてザッピング開始。
とは言え、全部で5チャンネルしかないんでザッピングも10秒足らずで終わります。
結局、別チャンネルでもめぼしい番組は見つからず、ITV(サッカー中継)に戻る。
と、既に点が入ってるんですよー!! 思わず「は?」って言っちゃいました。
だって、10秒だよ? まじで一瞬だよ? 運が悪いにも程がある。
リプレイ見ましたけど、ほんとに一瞬でしたねー。
怖い人が蹴っ飛ばして、誰かが頭ぶっつけて、誰かがシュートしたら入っちゃった。
と、こんな感じでした。わかる??

結局、アーセナルは負けちゃいましたねー。
ベンゲル氏曰く「今までアーセナルの監督をしてきた中で最悪の試合だった」との事。
ふぅーん。良くわかんないけど、残念でしたね。

何度も言いますけど、いまだにサッカーは良くわかりません。
はっきり言って、好きじゃないです。好きなチームとかも無いし。
だけど、試合中の選手の動きを見るのは楽しいかもー、とも思いました。
どこが勝ったとか、誰が点が入れたとか、そんな事には全く興味は沸かないんですが
選手一人一人のものすごい動きには感心せざるをえません。
なんでそんな動きできんのー!?ってさ。

すごい動きに感心しながらじぃーっと見てたら、いつの間にかハーフタイム。
なんだかんだ言いながらも、あのザッピングの10秒以外ずっと見ちゃいましたョー。
もしかして、サッカーってなかなかおもしろいのかも?
と思い始めた今日この頃です。

ちなみに、この試合の何が良かったって、
ボールのデザインですよ。かわいいじゃん。
(『怖い人 VS スベスベの人』参照)
こないだ、アーセナル VS アストン・ヴィラの試合を見て知ったんですが
まぁ、見たというよりかはザッピングの途中で目に入ったという方が正確ですが
ルノーのCMに出ている人はアーセナルの選手だったんですね。
Pro Evolution Soccer 4(海外盤ウイイレ)のCMに出てたんで
サッカーをやってる人なんだろうとは思っていたんですが。

つーか、なんかすごい人らしいですね。
ゴール決めまくってたし、実況の人に褒めちぎられてたし…。ほほぅ。

それにしても、彼はスベスベですね。
ルノーのCMを見るたびに(初めて見たのは2年位前かな)
「この人、スベスベだなー」って思うんですよ、
どうしてなのかは良くわからないけどね。

スベスベでさわやか。
あたしの中のサッカー選手のイメージとはかけ離れてます。(どんなイメージだよ)
かっこいいです。しかもかわいらしいです。ステキです。
ホの字です。ポッ…。  (あっ、いけねっ)

とりあえず、あたしの知ってる限りでは(ほとんど知らないけど)
サッカー界では彼が一番ハンサムなのではないでしょうか。
(あくまでもあたしの趣味で、ね)
こんばんわ。
3度の飯より4度の飯が好き、ようこです。

先日、カサンドラ・ガイガー VS レイラ・アリの試合を見ました。
ボクシングの試合なんて7年前のコウジ有沢 VS 畑山隆則戦以来かな。

女子ボクシングをちゃんと見るのは初めてです。
レイラ戦の前の試合をチラッと見たんですけど、
んー、やっぱり女の子だわーって思っちゃいました。
確か、ラティーシャ何とかって人がKO勝ちしてたけど
負けたほうの人はぼぅーっとしちゃって、泣きそうになってて。
世界級のプロボクシング(男子)を見慣れてる人には
女子ボクシングはちょっと物足りないかもしれませんね。

ただ、アリ(レイラ)はやっぱりすごいです。
この人は本当に「ボクサー」です。
他の人の試合がただの殴り合いに見えても、
この人の動きはちゃんとボクシングに見えます。

カサンドラ・ガイガーは6勝4敗6KOという成績ですが
んー、力任せに殴り倒す速攻勝負タイプなんでしょうか
3ラウンドにもなると、フットワークもなにもあったもんじゃなく
ふらふら、ふらふらと前に詰め寄ってくるだけ。

そこをレイラは、後ろに下がりながらの攻撃と防御。
終いにはロープ際に追い込まれて
クリンチされる(っていうか、頭抱きかかえられてたよ)、の繰り返し。

一応カサンドラも腕を振り回して攻撃してるつもりなんでしょうが
レイラには完全に見切られていて、ほとんどあたらず。
クリンチの時に腎臓を攻撃するのは基本、という話を聞いたことがあるんですが
カサンドラは苦し紛れにレイラの頭に抱きついてボスボスと。
あれはクリンチともいえませんが、もしやあれで徐々にダメージを与える作戦?

とにかく、これは一方的であんまりおもしろくないかなー、
なんでこの人倒れないのー?などと思いながら見ていたら
とうとう6ラウンド(7だったかな?)でTKO。
やっぱ、アリはすげぇです。

ご存じない方のために説明しておきましょう。
アリと言えば、言わずと知れたボクシング界のカリスマ、モハメド・アリ。
そのアリの娘、レイラも女子ボクシング界ではカリスマ的存在です。
無敵と謳われるほどの実力と実績を持ってますが
本人は「無敵だなんて、まだまだだわ」とおっしゃってました。

あたしがレイラを知ったのは、アディダスのCMです。
今となってはあたしのモットーともなっている
“Impossible isn’t a fact, it’s an opinion.”
というフレーズも、この『アリ VS レイラ』のCMから。
このCM、かっこいいんすよ。レイラと往年のアリとの試合。
コレはまじ、ボクシングファンじゃなくても必見です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。