3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日もまた煙臭いバーでコーヒー飲んできました。
話題はもっぱら政治と世界情勢について。
まったく、恐ろしい世の中になったもんだよ。

ダムラ(友達)曰く、「次はイランだよ」
何がって?そのうちわかるんじゃないですかねっ。
ありえない話じゃないよ。あー、こわっっ!
リーバイスのCMが好きです。
今の「アンチフィット」のCMも好きだけど、
ガエルが出てたローライズジーンズのCM、
あれはもう、ちょっとした映画ですよね。素敵です。
見たことあります??ってか、日本でも同じCMが流れてるの??

やってなかった時の為に。
今こっちでやってる「アンチフィット」のCMはこんな感じです。

男の人が仕立て屋さんみたいなところにジーンズを持っていくんです。
そこの店員さんは、多分ヒスパニック系の、きれいな女の人、
入ってきたお客さんにスペイン語で挨拶します。

その男の人はスペイン語はわかりませんから
「何だって??」とか言いながら女の人にジーンズを手渡します。
女の人は渡されたジーンズを見ながら、英語で話し始めます。
「これを直してほしいの? んー、変な形のパンツねぇ
 あなたに合うように繕い直してほしいって訳ね」
「いや、別に。それはそれでいいんだよ」

男の人はそう言いながら、いきなり自分が履いてたズボンを脱ぎ出してね
女の人の手から、そのアンチフィットのジーンズを取り返して
その場でそれを履いて見せました。
「これはこれで、直さなくてもいいんだよ。
ただ、これを君に見せたかっただけなんだ」
そう言って男の人はアンチフィットを履いたまま店を出て行くんです。
雰囲気わかります?ステキでしょ??

ローライズのCMの方は、もう実際に見てもらわないことには。
言葉にしちゃうのがもったいないね。
劇中でも最後の最後に女の子が一言話すだけで、それ以外に台詞は無いし
台詞がないからこそ、最後のシーンが活きてくる訳で。
だから、それをぶち壊すようなことはしたくないです。
もう、CM好き・映画好きの方は、自分で見ちゃってください。
『French Dictionary』ってタイトルがついてます。

リーバイス・ローライズのコピーは『Dangerously Low』
CM中でガエルが履いてたのを見る分には
それほどデンジャラスな感じはしなかったけど、
巷では「ちょっとそれ、デンジャラス過ぎるんじゃないの!」
って思っちゃうほどデンジャラスなローライズを時々見かけます。

ほんと、マジで超デンジャラスですよ。
もう、下着が見えちゃった!、とか、そんなレベルじゃないです。
割れ目が見えます、割れ目が。びーーーーっくりしますよ。
「え?いいの?見えてるよ? もしかして見せてるの?」
逆にこっちがおどおどしちゃいますよ。

でも、別にこれはいつでもどこでも見えてるわけじゃなくて
しゃがんだときにそこまで下がっちゃう、ってことだから
本人としては見せてるつもりはないんだろうし、
見えてることにも気づいてないのかもしれないですね。
いやぁー、どうなんだろ?
とにかく、見てしまったときのショックは大きいです。
同姓ならともかく、異性のものを見てしまった時は特にね。
これはもぅ、見なかったことにしておきましょう。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/77-852efbb6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。