3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
高校の時の思い出話です。
駅から高校への道のりに、小さな神社があります。
本当に小さな神社ですが池やベンチもあって、
あたし達にとってはちょっとした憩いの場でした。
その神社にはアンクル兄さんという人がいます。
これはアンクル兄さんへ宛てた手紙です。


アンクル兄さんへ

アンクル兄さん、お元気ですか?
あなたはきっと私のことは覚えていないでしょう。
ぶっちゃけた話、私もあなたのことをよく覚えていません。
いかがお過ごしでしょうか。

今となっては昔のことなので、全てを正直にお話します。
毎年毎年、鯉しかいないはずのあなたの池に
金魚が増えていくのを不思議に思っていたことでしょう。
実は、その犯人は私です。
夏まつりの屋台で金魚すくいを楽しんだ後、
この弱々しい金魚達には、私の家まで、
電車で1時間もの長い道のりには耐え切れないだろう、
そう判断した私は、あなたの目を盗んで
神社の池に金魚を放流していたのです。
広い池で伸び伸びと泳ぎ回る方が金魚にとっても幸せだと思ったから。
でもあなたの事だから、あの池に生物が住んでいることにすら
全く気づいていなかったかもしれませんね。
これからも、私の金魚達をよろしくお願いします。

それからもうひとつ。
あなたの神社の片隅にあった木製のおみくじ販売機が、私は大好きでした。
特にイベントがなくても、時たま立ち寄っては
おみくじを引いていたんですよ。
ただ、私が3年に進級した年、おみくじが急に値上げされましたね。
もともと30円だったものが、いきなり200円になりました。
これはちょっと極端すぎやしないかと憤りを感じたものですよ。
きっとあなたの事だから
「次は500円にしよう」なんて思ってるんじゃないかしら。
それにしても、今もあの木製自動販売機はあるのでしょうか。
また夏になったら遊びに行きたいと思います。
それではその時まで、お元気で。

かしこ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/7-bb00485a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。