3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とうとうこの日がやってきました。ハロウィーンです。
去年のハロウィーンは痛い目見ましたからね。
今年こそリベンジの時がやってきたのです。

日本ではハロウィーンなんかやらないじゃないですか。
だからあたしはハロウィーンがいつなのかすら知らなかったんですよ。
お店のウィンドウにお化けが飾られたり
スーパーではでっかいかぼちゃがたくさん売られてたりしてたから
大体今頃なんだろうってのはわかってたんだけどね。

その日、あたしはいつものようにうちに帰って夕飯の支度をしてました。
時間的にはいつもより早かったかもしれないです、でもあたしは腹ペコでした。
さっさと作ってご飯にありつこう、そう思いながら野菜を炒めてました。

そしたらね、なんかカタンカタンって音がするんですよ。
最初は近所の人がなんかやってるんだろうと思って無視してたんだけどね、
どうもうちの玄関のドアが鳴ってるようなんです。
ドアには新聞受けみたいな口がついてて、
みんなはノックする代わりにその口をガタガタ鳴らしたりするんです。
うちに客なんか来るはず無いんだけどなー。
不思議に思いながらドアを開けるとそこには
お化けやらスパイダーマンやらに変装した小僧らが立ってるじゃないですか!
“Trick or Treat!!”

「トリック・オア・トリート」って知ってます?
ハロウィーン定番の子供の行事なんですけどね、
「いたずらされたくなかったらお菓子をよこせ!」ってな感じで
近所を練り歩いてお菓子をもらって歩くんです。

まさかうちに来るとは思いませんでした。
あたしは普段お菓子なんて食べませんから、
子供が喜びそうなもののストックがあるはずがありません。
「え! あ、ちょっと待ってて!」
キッチンの棚という棚、部屋の引き出しという引き出しをあさってみても
無いものは無いんです。キャンディーひとつ出てきません。
5分ほど小僧どもを待たせた末、あたしが言えたのはこれだけです。
「ごめん、なんにも無い…」
情けないったらないですよー、ほんと。恥ずかしくてしょうがなかった。
子供らは無言で立ち去りました。かわいそうに。

あれから一年、あたしの戦いはハロウィーン一週間前から始まりました。
近所の子供らの為にお菓子を買うべきかどうか…
散々悩んだあげく、結局何も買いませんでしたよ。
だって何買ったらいいかわかんないし、
何人来るかもわかんないじゃないですか。
こうなったらもう、居留守を使うしかない。
そう決め込んで、夕方5時ごろからずっとそわそわしてました。
キッチンは外から丸見えだから居留守を使うには不都合、
そう思って夕飯の時間もずらしました。
われながら大人気ないとは思いましたけどね、
子供らのがっかりする顔はもう見たくないです。

結構がんばって居留守を決め込んでみたんですけどね、
結局誰も来ないでやんの!!
ノックの音なんかぜんぜん鳴りませんでしたよ。
今日は日曜日だから、近所を回るよりも
家族や親戚とのんびりしてるんでしょうね。
みんな楽しい夕食を迎えてると良いですね。
こうしてあたしのハロウィーンは終わりました。
☆めでたしめでたし☆
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/52-5c392718

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。