3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
なんの変哲もない川の風景。




に、見えるでしょう?



でも、この景色、見る人が見れば「あれっ!?」って言うと思いますよ。



なぜなら、この川の普段の姿はこれ↓だから。




水が無い。


そぅ、水が無いんですよ、この川。





わたしの住む街は山沿いなこともあって大小いくつもの川が流れていますが
そのうちいくつかには一部分、または大部分において水の無い流域が見られます。
流れてないんだから「流域」って言うのもおかしな話なんだけど。


とにかく、その水の無さっぷりと言ったらそれはもう見事なもので


まるで道路かと見まがうばかり。





この道路のような川、「熊川」ってんですけどね



今日は熊川のお話をしましょう。





まるで道路のような枯れっぷりを見せる地点から2、3km上流。




水がある。

まぁ、川に水があるなんてのは当たり前のことなんですが



それでも、ここから更に8kmほど上流は



やっぱり水が無い。



つーことは。



水があるのはあの一部分だけってことですよ。
つまり、どこからか水が出て来てこの川に入り込み
あの流域を通ってまたどこかへ水が抜けて行くのだ、と
そういうことになりますよね。

んじゃぁ、その水はどっから来てどこへ出て行くのか
ちょっとそれを調べてみましょう。



まずは水のある流域を見て回る。



魚はいませんが、水は澄んでます。





下流を臨む。



水があるっつっても、まぁこの程度です。
お子様の水遊びにはちょうど良いかもしません。







下流へ向かって歩いてみるも、この地点で道は途切れています。


この先のどこかに水の出口があるはずなんだ!

しかし、その先は草がボーボーだったので一旦退却、
上流へ向かってみることにしました。



とりあえず、草ボーボー地点から上流を望む。


おぉ、絶景!


景色を楽しみつつ上流へ。





途中、こんなの発見。


川だってのに道が作ってあるし。


水が流れないことを前提としてあるのね。
地面にはわだちがしっかり出来ているところを見ると、
結構使われてるのかもしれません。





更に進みます。





あっ。



水の入り口発見。





疎水が合流してました。




この疎水の合流口から水が出ていて







それより更に上流はもちろん







水はありません。


水の入り口、判明

スッキリしたわー。
と、その日は意気揚々と帰宅。




後日、下流の調査を進めるため、再び熊川へ足を運びました。



前回水を発見した地点から1キロほど下流。




箕輪橋から臨む熊川に







水は無い。

まぁ、だいたい予想はしてたけどね。フン。






上流へ向かいます。





しばらく歩くと





水発見。


でも、流れてるっていうより溜まってるだけのようですな。





さらに上流へ。





おっ!




おぉっっ!!

み、水だ、水だっっ!!! わーっ!


喜び勇んで水に駆け寄る。





…………と、思ったんですが。

ちょっと待てよ。
この写真、なんか変じゃね?




写真中央に見える段差を境に


水がパッタリ消え去ってます。








チョー怪奇現象








境界線より上流は


普通に水が流れてる。








そして








境界線より下流には


水の気配すら感じられない。








そして気になる境界線は











この水の消えよう、お見事としか言い様がないです。



『一寸先は闇』ならぬ、『一寸先はカラッカラ』ですよ。
すげぇー、すげぇー。
決定的瞬間を見たって感じ!






【ウンチク】
この地区には、水の無い川が熊川を含めて3本程あるのですが
それは扇状地と呼ばれる地質のせいなのだそうです。
(小学校の社会の時間では「火山灰のせい」とも教わりましたが)

扇状地には石や小石が厚く積もっていて水はけが良すぎるため
川の水すらも全部地下へ潜ってしまうんですって。

ですから、一応川としての形はあるものの
水が地表に出てくることは滅多に無く、川の水は地下を流れ
たまにダムの開放や、台風・豪雨などで水量が増えたときにだけ
川を流れる水が見られると、そういうわけなんでした。
すげぇーべ?


そしてこの熊川のちょうどこの地点で水が消えたのは
ちょうどここで地質が激しく変わったとも考えられますが
上流から流れてくるうちに水が徐々に地下に浸透し
だいたいこのあたりで全部が落ちきった、と
そう考える方が自然なんじゃないかと思われますが、どうでしょ。
たぶんね、たぶん。




わたしの地元以外にも、
「水の無い川」が全国にいくつかあることが
今までの調査でわかっています。

調査ってのは、もちろんわたし独自の調査ですよ。
なにせ、自称「水の無い川マニア」ですからね、オホホホ。



つーわけで、
これからも水の無い川の調査を進めていく所存でございます。
みなさまどうぞよろしくお願いします。 (なにを?)
スポンサーサイト

ほんまにマニアっぽくなってきたなぁ(笑)
なんかさ、子供の頃秘密基地を山川につくって探検してた頃を思い出したわ。

2006.04.01 00:07 URL | シシェリー #- [ 編集 ]

シシェリー

だってマニアだもん♪

わたしも小さい頃、川で遊んだりもしたけど
所詮は水の無い川だったから、
石拾いくらいしかすることなかったなぁー。
秘密基地、いいねぇ。

2006.04.01 00:28 URL | 管理人 #cVARBx7M [ 編集 ]

いやあ、素晴らしい!
やっぱり「道場」行きじゃないですか?(何度もくどい)

2006.04.01 00:40 URL | Or #- [ 編集 ]

いやぁ、はは。
結果は見てのお楽しみです☆

2006.04.01 00:43 URL | 管理人 #cVARBx7M [ 編集 ]

うおお!スゴイ。

あの境界線の水ありと水なしと同じぐらい、ようこさんの川に対する情熱に驚きますよo(^◇^;)o

何気にゴミとか結構捨てられてありますよね・・・゚(゚ノД`゚)゚。

2006.04.01 21:56 URL | 奏多 #- [ 編集 ]

奏多さん

エッヘヘ、こんな事くらいしかとりえがないもんで。

そうなんですよ、ゴミが多くて。
水も無いし人も来ないもんだから
こっそりゴミを捨てに来る人もいるみたいで
川を見回りながらゴミ拾いしようか本気で悩みました。
もしかしたらそのうち実行に移すかもです。

2006.04.02 00:11 URL | 管理人 #cVARBx7M [ 編集 ]

うちの近くには「水無川」(みずなしがわ)
という川があります。水は無いです。

2006.04.08 10:01 URL | ヅヅヅ #XChws1l. [ 編集 ]

ヅヅヅさん

えっっ、どこですかそれはっっ!!??
ぜひ詳しく教えてください、お願いします!!!

2006.04.08 12:00 URL | 管理人 #cVARBx7M [ 編集 ]

水無瀬川

というのは、全国各地にあるのですよ。
そういう名前の川もあちこちにありますし、
「普段、川の表面に水がなく、
 川の地下を伏流水が流れている川」
を総して水無瀬川という場合もあります。

2006.04.14 08:58 URL | シベ寒 #- [ 編集 ]

「水無川」というのはよく見ますけど
「水無瀬川」というのは初耳です!
どうも、お勉強になります。

もちろん、全国を探せばいろんなところにあるんでしょうけど
実際どこにあるのかってのはわかってないんで
(まさかどこにでもあるってもんじゃないだろうし)
それはこれから調査を進めていくよていです。
てか、どこにあるかご存知でしたら教えてください。

2006.04.16 23:00 URL | 管理人 #cVARBx7M [ 編集 ]

こんばんは

蛇尾川も伏流水ですよね
大分前に上流を見たことがありますが絶景でした

水が無いのは中流だけですが、あれは味がある
那須塩原駅の近くにありますので、
県外より電車で来た際は見てみて下さいね♪

2009.03.27 23:03 URL | 栃木県民 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/489-90482e0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。