3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
くだらないことを真剣に考えます。


『物を見る』ということは
細かく説明すると、その物の発している光が目に入るということ。

その光ってのはだいたいの場合、
見ている『物』そのものから出ているわけではなく
太陽や電灯から出たものが『物』にあたって反射されたもので
それがわたし達の目に入り、その光を通して色や形を識別し
目に映ったそれを『物』として認識するわけなんですが。


難しいですかね。


例えば、目の前にリンゴがあったとしましょう。
そのリンゴを見るということは、リンゴから出た光が目に入るということ。
太陽や電灯の光がリンゴに当たって、リンゴの表面で光が反射し
そしてその光がわたし達の目に入ってくるということです。
真っ暗闇の中では物が見えない (光が無いからね)
リンゴの裏側が見えない (裏面で反射した光はわたし達の目には届かない)
そういうのもみんな光の反射の関係と言えるでしょう。


光の反射といえば鏡。
鏡に映った自分の姿を見る、これも同じような説明が出来ます。
光が自分の体に当たり反射する → その光が鏡に当たり反射する
→ それがまた自分の目に入る、と。


こんな説明をして、何が言いたかったのかというと。

まとめます。
・「見る」ということは「光が目に入る」ということ
・目に見える物は全て、光を反射しているということ
・わたしたちの体も光を出して(反射して)いること


ということは。


わたしの体で反射した光が別の物体に当たった場合
わたしの光はその物体によって反射される。
そして反射された光がまたわたしの目に入ってきた場合
その物体は鏡としての働きをするのではないか。


そんな仮説を立て、
壁やら柿の木やら田んぼやら、そこら辺にあるものをじっと見つめては
そこに映ってるかもしれない虚像を見出そうとしていた若い頃のわたし。


それが無理だという理屈がわかったのは、結構最近の話。



気になって調べてみたんですよ。
太陽の光ってのは無色透明に見えても実はいろんな色がついてて
物体は自分の持ってる色(葉っぱなら緑とか)だけを反射し
それ以外の色の光は全部吸収しちゃうんですって。
つまり、赤いリンゴには青い服着たわたしは映る訳がない、と
そういう訳でした。 (参照:『ワクワクサイエンス』)


あー、くだらない。







あ、ちょっと待てよ。 ということは?
無色透明の水は色を吸収しないってこと??
だから光が当たると鏡みたいに物が映ったりするの?
今気づいちゃったょ、気になるなぁー。
教えて、偉い人!!
スポンサーサイト

はじめまして。デイリーポータルZライターの三土と申します。

「そこら辺にあるものをじっと見つめては
そこに映ってるかもしれない虚像を見出そうとしていた」

いいですね。ちょっとした気づきで世界が違って見えてくる。素敵です。

2006.04.05 14:51 URL | 三土たつお #G8q.Srms [ 編集 ]

三土様

はじめまして。
お褒め頂きありがとうございます!
大好きなDPZのライターの方に
「素敵です」なんて言って頂けるなんてほんとに光栄です!

はたから見れば「ドーデモイイ事」なんでしょうけどね
気づいた本人にとっては宝物だったりしますよね。
だもんで、素敵に思ってもらえるとすごく嬉しいんです♪
ありがとうございますー。

2006.04.06 00:09 URL | 管理人 #cVARBx7M [ 編集 ]

なんかすごいです!すごい面白いです!
あたしは心の中や頭の中に光当てたら
見えたりしないかなぁっておバカなこと考えましたw

2006.04.08 18:25 URL | 明星 #QeM7Y8Ls [ 編集 ]

明星さん

ありがとうございますー!! 嬉しいなぁー。

確かに自分の頭とか心の中、見てみたいですよね。
でも、人には見られたくないかな。
いゃ、全然おばかな事とは思いませんよ!!
わたし、そういうこと考えるの大好きだし!!

2006.04.08 21:36 URL | 管理人 #cVARBx7M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/487-6882da0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。