3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ロンドン映画祭ではいろいろなイベントがあるんですけどね、
その中でもScript Factory主催の
SCENEというイベントが特に気になりました。
映画祭の中の小さなお祭りということで4日ぐらいかけて開かれてるんです。

Script Factory主催というだけあってね、
映画を作りたい人のためのお勉強講座みたいなのが中心になってます。
あたしは別に映画のお勉強をしている訳ではありませんが、
映画監督が映画について語る講義のようなものを3つ予約しました。

今日がその一つ目、マイク・フィギス監督が影響を受けた作品、
大好きな作品を3つ紹介するというイベントです。
やっぱり監督から直接話を聞くというのは勉強になるよね。
この監督のことはぜんぜん知らないし、(すみません)
この人の作品はひとっつも見たことないけど、(ごめんなさい)
行ってよかったと思いましたー。

映画なんて世の中にたくさんあふれてるんだし、
昔の映画、マイナーな映画なんて、よっぽどのことがないと見ないじゃないですか。
でも、今日はいいものに出会えたなーって、ちょっと感動した。

監督のお勧め3つのうちひとつが白黒の25分程度の短いのだったんですけどね、
ほんっっっっっとに美しい映画だった。
いいシーンをチラッと抜き出して紹介しただけだったんだけどね、
ほんとーーーーに美しいと思った。うまいと思った。
あれはかなり心奪われる作品だったと思います。
今まで見た中で一番美しい作品だと思うなぁー。
機会があったら見てみてください。
“Incident of Owl Creek”ってヤツです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/48-0fe097dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。