3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
la nourriture de l'esprit』の
troisvillagesさんから頂きました「お題バトン」。

なにやらこのバトンは次の人に回すときに
『かっこ』の中のお題を自分で決めるらしいです。
なかなか難しいですなぁー。

今回troisvillagesさんがくださったお題は『金言』。
格言とか名言とか、とにかく良い言葉ってことですよね。
うーん、なかなか難しいですなぁー。

では、さっそく。
(注:長いです)



①パソコンまたは本棚に入っている『金言』は?

   e-Searcher 『世界の名言・金言・箴言』

実は今まで出し惜しみしてました。
ブックマークして毎日パソコンで見てます。



②今、妄想している『金言』は?

  『私ね、好きで好きで仕方ないものっていうのは
            その人に与えられた才能なんだと思うの』


確かこんな感じだったと思う、作家の森瑤子さんのお言葉。


さすがに妄想まではしてませんが、最近ぼんやりと考えます。

わたしは器用貧乏って言うか
いろんなものに興味もって、いろんなことに手を出して
とりあえず何でもこなしてはみるけど
「コレだけは絶対負けない!」ってものを持ってなかったんです。

でも、なんか最近見えてきた気がして。
好きで好きで仕方のないもの。
それがどうわたしの才能になり得るのかはまだわからないけど
いつかは何かが出来ればと思ってます。



③最初に出会った『金言』は?

   『あんたがいなくて淋しかったよー!!』

昔のことはあんまり覚えてないんですけど
覚えてる限りの一番昔にもらった金言は
有名でもなんでもない、普通の中学生の言葉でした。

気難しい思春期の、ましてや内気な女の子(わたし)にとっては
「好き」とか「仲良くして」とか「いないと淋しい」だとか
そういうセリフはこっぱずかしくて言えたもんじゃなかったんですよ。

でも、わたしが風邪で学校を休んだ次の日の朝
同じクラスの友達に言われたんです。
「昨日、あんたがいなくて淋しかったよー」って。
なんつーか、衝撃だったんですね、わたしには。

たった一日休んだだけなのに
本気で嬉しそうに、抱きつかんばかりの勢いで言ってくるんですよ。
それを見て、「本心を見せるのは恥ずかしいことじゃないんだ」って。
それ以来、自分の感情を素直に表すようになりました。



④特別な思い入れのある『金言』は?

   『君はアメリ・カートと同じくらい知的なんだよ』


ドクター・ブラウン(歴史の先生)が言ってくれました。
英語からの直訳なんでわかりにくいかもしれませんが。
ちなみにアメリ・カートってのは古代オリエント学の学者です。


大学に入って初めての課題が歴史の論文だったんですよ。
初めての専門的な論文ですから、もちろん出来はボロクソで
先生には「もっと批評的な目を持て」と注意されました。

論文を書くに当たって、カート女史の学説を参考にするのはいいけど
そのまま書き写すだけじゃなく、自分の批評もいれなさい、と。

でも、わたしは知識もほとんど無い勉強を始めたばかりの一学生ですよ。
そんなわたしが世界的に有名な学者を批評なんか出来ない! って
わたしはドクター・ブラウンにそう言ったんです。

そしたら、ドクター・ブラウン
「批評的な目をもつってのは必ずしも反対意見を述べることじゃないんだよ。
 誰かの意見に対して、賛成であれ反対であれ自分の考えを述べる。
 それくらいは誰にだって出来るんだ、有名な学者相手にでもね。
 それに、これは君の論文なんだから君の意見が書かれるべきなんだよ。
 君だってアメリ・カートと同じくらい知的な人なんだから」

ドクター・ブラウン自身、立派な学者さんなんですよ。
そんな人にこうまで言ってもらえるなんてね。

あ、ちなみに、この「君は知的だ」って言葉は
わたしのことを知的だって褒めてるわけじゃなくて
学生だからとか有名人相手だからからとかそんなことで遠慮するな、と
そういうことをほのめかす為の、ある種の言葉の綾ですからね。
そういう微妙なニュアンスの詰まった言葉だったんです。


「批評的な目を持つ」ってことが何たるかを教えてくれた上に
「意見を述べる」ことへの自信を養ってくれたありがたい言葉です。
ドクター・ブラウン、ありがとう、感謝してます。



⑤最後にバトンを回したい人とそれぞれのお題は?

最近ネット上でのからみが全く無くなったコメット(『すばる日記』)
ひさびさなんで送ってみます。
お題は昨日一緒に立ち読みした占いの本にちなんで『肉体美』。
よろしくお願いしますー♪



なんか、こうやって見てみると
金言というよりかは言われて嬉しかった言葉って感じですが。

格言とか名言とか大好きなんで持ちネタはいっぱいあるんですけど
個人的な思い入れのある言葉っていうと
どうしても自分が誰かに言われた言葉になっちゃうんですね。

だって、偉人の言葉がすばらしいのは良くわかるけど
身につまされる、考えさせられるってのはやっぱり
何かしら自分の実体験に基づいた言葉ですから。

そういう意味では普通の人の何気ない一言が
わたしにとっての金言になりうるってわけです。

ってことは、わたしの言葉が
誰かの金言になってるってこともあるんでしょうかね。ムムム。


長くなっちゃいましたので、この辺で。
スポンサーサイト

お受け取りありがとうございます
(*>エ<)o|

とっさに
>>「そんなわたしが世界的に有名な学者を批評なんか出来ない!」
って反論出来てしまうようこさんもスゲェ…と思いますが、
ブラウン博士の一言、心にきますねぇ。
この一言がこの間の“世界情勢講座”につながるわけですね
(.. )ふむふむ
素晴らしいエピソードをありがとうございました (TエT)

『普通の人の何気ない一言がわたしにとっての金言になりうる』
―コレ、私の金言になりました
(@´エ`@)

2006.02.14 05:44 URL | troisvillages #Z3a.CY9. [ 編集 ]

いぇいぇ、こちらこそありがとうございます、
こんな長いのをちゃんと読んでくださって。
今回のバトン、難しかったけど楽しかったですよ。
答えながらいろいろ考えちゃったし。
ナイスなお題でした!( ^ー゜)b グッ

2006.02.14 13:44 URL | 管理人 #cVARBx7M [ 編集 ]

ブラウンさん、教育者ですね~!
しかし、カートを引き合いに出されたら、私はかなりびびってしまいそうです。。

2006.02.17 01:15 URL | Or #- [ 編集 ]

そうですよー、だってあのカート教授なんだもん。
遠くからでも周りを覆うオーラが見えそうなくらい
なんつーか、存在感のある、チリチリ頭……(笑)
ウソウソ、存在感のある偉大な学者さんでしたよ。

2006.02.17 22:36 URL | 管理人 #cVARBx7M [ 編集 ]

写真でしか拝見したことはありませんが、第一印象は「岸田今日子」でした…。
む~、さすがオーラがあるのですねえ。

2006.02.17 23:14 URL | Or #- [ 編集 ]

あー、わかるわかるっ!!
まさにその通りだわー(笑)
オーラのある岸田今日子 feat.チリチリ頭!

……失礼いたしました。

2006.02.17 23:17 URL | 管理人 #cVARBx7M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/452-c090ff15

お題バトン
高校時代の同級生で、mixiで再会したN将軍さんからお題バトンを頂きましたぁ (*´・エ・)o|バトンを回す人がバトンのテーマを決めれるようですねぇ。今回頂いた『 』の中身は『場所』です。では早速…===============================Q1.パソコンまたは本棚に入

2006.02.14 05:28 | la nourriture de l&#39;esprit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。