3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
11時からマークの授業第一回目。
思ってたとおり、良い先生っぷりだったよ。
すごーく細かく準備してたみたいだし、教え方も優しくて丁寧だったー。

もとから頭がいいのに加えて、とてもがんばりやさんだからね。
見習わなくちゃー。
それにしてもヒッタイト語、どうしてこうもわからんのでしょう…。

教えてくれてるのはホーキンス教授、世界的権威です。
生徒側には、学部きっての秀才君マークと
オックスフォード大学でもクラスを受け持っているレイノルズ先生。
あと、あたしとダムラとティム。

ちょっと待ってよ、確かに教えてるのはホーキンス教授一人だけど、
よくよく考えたらこのクラス、先生3人対生徒3人じゃんか!!
どうりでついていけないわけだよー!!
3人が難しい話し始めちゃったら、
あたしら3人はシーンとしてるしかないもんね。
片身が狭いったらないよ、ちぇっ!!

えーと、ヒッタイト語の授業では、「ハットゥシリの祈り」を読んでいます。
昨日も書いたけど、人間ってのはいつの時代も変わらんもんです。
「父が皇妃を追放したのは、僕には関係の無いことだ、
 僕はそのとき、まだ子供だったんだ、
もし、その事件に関して神がお怒りになったとしても、
 僕には関係の無いことだし、
 罪を犯した本人はもう亡くなっているんだー!」って。
真偽のほどはともかくとして、こういうのを言い訳って言うんですよね。
しつこいようですが、こんなのが楔形文字で書いてあります。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/35-15a96e13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。