3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ホンダのCMが大好きです。
特にアコードのCMが無かったらここまでCMにはハマってなってなかったかも。
と、それほどあたしにとっては大きな影響力をもってます。

ただね、ホンダは日本の車会社でしょう。
でもあのCMを作ったのはイギリスの広告屋さんなんですよ。
イギリスに来る前は日本でも散々ホンダのCMを見まくっていたにも関わらず
これほどまでに心を動かされることはなかったわけで
必ずしもホンダのCMがすごい=ホンダがすごい、にはならないんじゃないかなーと。
まぁ、ホンダがあってこそのホンダのCMなんでしょうけど。

広告主がどの程度まで製作に口を挟むのかは気になるところですが
あたしは広告業界の人ではないのでその辺のところはさっぱりわかりません。
そういえば以前、元広告屋さんの友達から (日本のね)
その業界のお話を聞いたことがあるんですが、今となってはよく覚えてないなぁー。 (オィ)
つーかその人の、説明してたときの手の動きがミョーにセクシーでねぇ、
話そっちのけで魅入っちゃってたなんてことは口が裂けても言いますまい 
とりあえず覚えてるのは「電通はでかい」ってことのみ。 
もっとちゃんと聞いとけば良かったゎぁー。


そんな話は措いといて、今回は広告業者特集です。
ただ単に業者の名前を挙げているだけなんですけどね。
どうせならせめて製作者の名前くらいはつきとめたいところなんですが
残念ながらそこまで詳しい情報は入手できてません。
今後に期待してください。たぶん。がんばってみます。

*Weiden & Kennedy
Weiden & Kennedyの担当する主な広告主はホンダとNikeです。
ホンダはもちろん、NikeのCMもかっこよくて良いのがいっぱいあるんですが
ちょっと個人的な理由によりここでは紹介しないことにします。
と言うわけでWeiden & Kennedyからはホンダのみで。

Honda UK コーポレート 『ユメノチカラ』
これは日本では使えないんじゃないかなぁーって思ってます。
ナレーションが英語圏の人々を対象にしてる内容なので
相当上手いこと訳すか、あるいは内容をまるっきり変えるかしないと
日本語を母国語とする人の琴線には触れないんじゃないかなーってね。

その内容はこんな感じになってます。
英語では「夢見る」ことを「夢を持つ」と言う。
でも日本語では「夢を見る」という言い方をする。
だって、その夢を目に「見える」形にしなかったら
いくら夢を「持って」たって何になるっていうの。

日本人のあたしから言わせていただくと
寝てるときの夢は「見る」けど、野心的な夢は「持つ」んですよね。
「夢見る」ってのは妄想に浸ってるだけってイメージがあるんで
あたしは「野望を持つ」っていう言い方のほうが好きなんですが
そんなことを差し引いてもやっぱりこのCMはかっこよくて
最後には思わずゾクゾクって鳥肌が立っちゃいます。


*Saatchi & Saatchi
Saatchiという響きにはアートな匂いを感じます。
というわけで、Saatchi & Saatchiからは敢えてキレイなCMを選んでみました。

Ariel Colour 『チベット僧』
日本でもお馴染みアリエール。
たかが洗剤のCMでもがんばればこんなにかっこよくなるんです。
アリエールー♪ なんて歌ってる場合じゃないです。

T-Mobile U-Fix 『電話中』
最後まで何のCMか分からないようなCMって好きです。
でもそういうのって、最後に強いインパクトを与えられる反面
最後まで見てもらわないと宣伝にならないっていうリスクも背負ってるんでしょうね。


*Clemmow Hornby Inge
クレンモウ ホーンビー インゲ? 変な名前。

Talk Talk 『人文字』
人文字で作る絵がメインなんだろうけど、
人と人との繋がり=ネットワークってのを暗に示してるのかなぁーなんて。

Anchor Spreadable Butter 『ムーの探し物』
これは前から載せよう載せようと思ってたんです。
だってかわいいんだもん。

賢牛「ムー、そんなところに登って何をしてるんだっ」
ムー「添加物を探してるんだよ」
賢牛「添加物を探してる!?」
ムー「そうだよ。添加物は、普通のバターには入ってるのに
    アンカーのバターには入ってないんだって」
賢牛「お前、添加物がどんな姿をしてるのか知ってるのかぃ」
ムー「んーん。 でも向こうにすごーく変なのがいるんだよ。
    なんだか雲みたいなんだけど足が生えてて……」
賢牛「あれは羊」
ムー「……、へぇー」


*Bartle Bogle Hegarty
Bartle Bogle Hegartyの目玉CMはLynxとSmirnoffでしょう。
特にLynxはどれもかっこいいので選ぶのに苦労しました。
ここで紹介できなかったものは次回にまわします。

Lynx 24-7
よくよく考えるとばかばかしいような設定から
こんなせつないラブストーリーが出来上がっちゃってます。
さすがだゎ。

Impulse Antiperspirant
これは男の人の発想だなーと思ったんですが、どうでしょう。

Smirnoff Ice 『ウーリの御宅拝見』
この低い声と変な訛りがたまらん。曲もかっこいいです。
ウーリ、パソコンの使い方間違ってます。
ちなみに、こちらがUSバージョン。


いかがでしたでしょうか。
これはあたしがイギリスからお送りする最後の八選になります。
もちろん、帰国してからもイギリスのCMは見続けるつもりですが
見られる作品の数はだいぶ減るだろうなぁー (悲)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/260-97bb6c22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。