3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
バズ・ラーマンの『ロミオ+ジュリエット』を見ました。
今までも何度か見てたんですが、字幕無しで見て初めて気づきました。
みんなシェークスピア英語喋ってたんですねぇー。
そのせいで話がわからないってことは無いんですが、やっぱり疲れますね。
ついでに、モンタギュー一味が着てる柄シャツも見てて疲れる(笑)

でもさー、何度も見てて話の流れも知ってるのに
見ててジーンと来ちゃったり、もどかしくなっちゃったりするんだから
これはやっぱりシェークスピアの原作がすごいってことなんでしょうかね。
400年後の人達の心をも動かす力を持つ、と。
でも、誰もが知ってる古典作品だからこそ、敢えてバズ・ラーマンは
原作とはちょこーっと違うラストを作ったのかもしれない、と思ったんですが。

とにかくですよ。この映画を見て思ったんですが、
ロミオとジュリエットが出会ってから悲劇的な死を迎えるまで
正味一週間も経ってなくね?
ほんと、激しく燃え尽きたーって感じですよね。正に悲劇。

でも「ロミオとジュリエット」がシェークスピア四大悲劇に含まれないのは
実際はシェークスピアが作った話ではないかららしいですよ。
なにやら、知り合いのおじいさんに聞いた話を劇用に書き起こしただけなんだとか。
ちなみに、四大悲劇はリア王、マクベス、オセロ、ハムレットですよ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/213-99d08d97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。