3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ひさびさ夢日記。
いつものことながら、すごくドラマティックな夢でした。
人の姿をした蜂に恋をするお話です。

場所はインドのどこか、大きなイベントが開かれていたみたいです。
そのイベントが終わった後の、客も皆去り、
露天なども全て片付けられた殺風景な広場を歩いていると
「あの、すみません」
一人の男性に声をかけられました。

ひと気の無い場所で見知らぬ男の人に声をかけられて
ロクな目にあったことの無い私は
変なことには巻き込まれたくない、とその声を無視して早足で通り過ぎます。

角を曲がると、広場の入り口から大きなワゴン車が入ってくるのが見えました。
イベントを主催した団体の送迎用ミニバスです。
さっき私に声をかけた男の人は、ミニバスへ近寄っていって運転手に尋ねました。
「×××へ行きたいんですけど、どう行ったらいいんでしょう」
すると、運転手の返事はこう。
“This is not a taxi!!” (これはタクシーじゃねぇんだよ!!)
助手席に乗ってる人もニヤニヤしてます。

乗せてって言ったわけじゃないのに、イジワルだなぁー。
あの男の人、道を聞きたかっただけなんだ。悪い人じゃないかも。
そう思って、その人を助けてあげることにしたんだと思うんですが
このあたりはうろ覚えです。
とにかくその人と仲良くなって、しばらく一緒にいるうちに恋に落ちて
その人を連れて国へ帰ろうということになったんだと思います。

私が外人を連れ帰ったことに、初めのうちはみんな抵抗があったみたいです。
それでも時間が経つにつれてだんだん打ち解けてきて
やっとみんなに受け入れられたなーって思える様になってきたある日のこと。
突然、警察がたくさんドカドカと踏み込んできて、その人を取り押さえて――。

「裏切られたー」って思いました。
その裏切りってのが何だったのかは良く覚えてませんが。
その時までその人が蜂だったことは知らなかったから
そのことにショックを受けたのかもしれないし
警察が来たってことは何か犯罪を犯してたのかもしれないです。
あるいは蜂が人のふりをしていたことが罪だったのかも。

その人は警官を振りほどこうと必死にもがきながら、
ものすごーく悲しそうな目で私を見て
「信じてくれ」っていうのが口に出さなくても伝わってきて。
でも私は裏切られたって思いが強くて、
どうしても許すことが出来なくて目をそらしちゃうんです。
そしてその人はそのまま連行されて行っちゃいました。

それからしばらくの間、怒り悲しみ悔しさがゴチャまぜのまま
なかなか消えてくれなくて途方に暮れてたんですが
ある時急にふっと許せるようになるんです。
今までの楽しかったときを思い出して、
その人のいない生活がどうしようもなく虚しくて
とにかく、もう蜂でもいいーー!って。

今更そう気づいて刑務所まで会いに行くんですが、面会謝絶。
伝言すら取り次いでもらえません。
そこで、近々刑が執行されるって聞いて
なんで信じてあげなかったんだろう、あの時引きとめて
守ってあげてたら、こんなことにはならなかったのに。
すごく後悔しました。

あの人、死んじゃうんだ。
そう思ったらすごくやるせなくて、なにも出来なくなって
ボーっと立ち尽くしてると…

「一回だけチャンスをあげる」
そんな声がどこからか聞こえて、突然まわりがパーッと光ったと思ったら
くるくると時間が戻り始めたんです。

気がついたら、インドのイベント広場にいました。
「あの、すみません」
聞き慣れた声に振り向くと、あの人があの日のままの姿で立ってたんです。
目が合った瞬間、涙と一緒に記憶がワーッと溢れてきて
「ごめんね……ごめん…」
抱きついて泣きじゃくる私。
私が落ち着くまで、その人はずっと頭を撫でていてくれました。
もう蜂でも何でもいい、絶対手放さない―――、って思いました。

ほんとはこの続きとか細かい設定とかいろいろあるんですが
ここで切るのが一番綺麗なんで、これで終わりってことにしときますョ。
夢の中のフィクションとはいえ、自分の恋話を書くのはかなりこっぱずかしいんで
一人称を変えてみたんですが、あんまり意味無いですね。あー、恥ずかしいっ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/205-ad0ab6e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。