3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
せっかく野球の話が出たところで、ついでにソフトの話もしましょう。
せっかくですから野球とソフトの違いのお話をしましょう。

野球とソフトは似ているようで違います。
塁間の距離や投法、マウンドとサークルなど誰が見ても明らかなものは措いといて
今日は、知ってるようで知らない細かいお話をいくつかしましょう。

まず一つ目は「リード」。
高校野球なんかでは「リーリーリー」なんていう掛け声があるくらい
リードというのは初歩中の初歩のルールなんですが、
このリード、ソフトにはありません。
細かく言うと、ピッチャーの手からボールが離れる前に
ランナーの両足がベールから離れると、ランナーはその場でアウトです。
元野球部で最近ソフトも始めたなんていう人、注意してください。
「リーリーリー」はアウトです。

そして二つ目。ソフトの一塁ベースは幅がほかのベースの倍あります。
一塁ってのは、二塁を狙う為にオーバーランでもしない限り、
普通駆け抜けるもんですよね。
ほんの一部の人(Gの後藤とか)を除いて、一塁で滑る人はいないはずです。
ですから、バッターが駆け抜ける際に一塁手と接触せずベースをきちんと踏める様
ベースが外側にもうひとつ分大きくなっているんですね。

そして三つ目。敬遠。
野球の敬遠は、キャッチャーが立ち上がってバッターの届かない位置によける、
ピッチャーはそこへ投げ、故意の四球でバッターを塁に送るというものですね。
ソフトの敬遠は、投げません。一球も。
「敬遠します」とコールをかければバッターは自動的に一塁へ。
無駄な時間と労力を使わずに済む、賢いルールですね。
ですから、敬遠のボールを無理やり打ってホームランなんていう、
あれは長嶋だっけ?クロマティだっけ?
とにかくそんなことは、ソフトにはありません。

とどのつまり、ソフトのチームメイト募集中ってことです。よろすこ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/171-425e75c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。