3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
映画なんかではよく使われてますが
英語の「F**K」は、実は放送禁止用語なんですよ。
とってもとっても侮辱的な言葉です。
なるべくなら使わないようにしてください。
どうしても使いたいという方、無理に止めたりはしませんが
とりあえず節度のある使い方を覚えるまでは、
なるべくなら避けた方が賢明ですね。

とっても無礼な言葉ですから、
普通、親はそういったののしり言葉が
子供に悪影響を及ぼさないよう注意を払います。
テレビ番組なんかでも放送前に
「この番組には乱暴な言葉が含まれています」なんてアナウンスが入ったりね。
もちろん歌の歌詞でも、ののしり言葉が入っている場合には
CDのジャケに「ADVISORY」マークが付きます。
「ADVISORY」ってのは、親の監督が必要、って意味です。

こないだBBCで音楽番組を見てたんですよ。
BBCは日本で言うところのNHKみたいなもんですから
他の局以上に放送禁止用語には敏感です(たぶん)。
それでね、その音楽番組にGREENDAYがでたんですよ。
GREENDAYは歌の中でよく「F*C*」って言いますね。
彼らのCDにはもちろん「ADVISORY」マークがついてます。

番組中で歌った歌の中にもその単語が一回だけ使われてます。
どうすんのかなー、ピーなんて入れたら歌がぶち壊しだしなー
歌詞変えて歌うかなー、なんて思ってたんだけど
さすがBBC、うまーい具合にその部分だけ音を消してました。
絶妙なタイミングで絶妙な消し方で、いや、さすがです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/12-5d95fe1f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。