3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
これはいわゆるソープオペラ、
日本で言う「連ドラ」とはちょっと違います。
日本のドラマで例えるなら『渡る世間は鬼ばかり』が一番近いかなー。
普通、連ドラって全12回とかって決まってるでしょ?
でもこっちのソープオペラは終わりが無いんですよ。
事実、この『HOLLYOAKS』も20年以上続いてます。すごい?
『渡鬼』もそうでしょ?一応終わったり再開したりはするけど、
話そのものが結末を迎えるわけじゃなくて、
ずーっと続いてるじゃないですか。
あの一家の成長物語みたいなもんですよね。

ただ、『渡鬼』とソープオペラとの違いは
『渡鬼』の主役がフジタク一家だけなのに対して、
こっちのソープは街全体が主役なんですよ。
ですから、たいていソープは題名が
何かしら場所を表す名前になってます(たぶん)。
あたしが見てる『HOLLYOAKS』も
ホリヨークスという村の名前(のはず)。
そしてホリヨークスに住む人々の生活がドラマになってるんですね。
離婚だ、病気だ、家庭崩壊だ、登校拒否だ…って、
雰囲気は『渡鬼』とほとんど一緒だと思います。
ただ、登場人物が多いだけ。
誰が誰なのか飲み込むまでに時間がかかるんですけどね。
あまりに多すぎて、毎日放送されてるにもかかわらず、
お気に入りの人物が一ヶ月近く出てこなかった!なんてこともありますよ。

小難しく説明するより、実際あらすじ喋っちゃった方が早いよね。
あたしのお気に入りの登場人物はベンとダンです。2人は親友。
先月あたりは別の一家を中心にストーリーが展開してたから
ダンもベンもしばらく出てなかったんだけど、
最近はダンがメインなんで夢中で見てます。
ダンは整備士で、整備店をやってたんだけど、
レーサーになる夢を果たすためお店を畳みます。
ダンの店の向かいにはクリーニング屋さんがあって、
そこにはデビーって女の子がいます。
デビーはクリーニング店を営む母を手伝う傍ら、
地元のバーで歌を歌ってます。
そして遂にプロの歌手になるオファーを受けたんだけど、
家庭内で問題が多発(長くなるから省略)
そんな家族を見捨てて出て行くわけに行かないと、
その歌の仕事を断るんですよ。

ダンはひそかにデビーのことが好きで、デビーも本当はダンのことが好き。
デビーは家族の為に街に残ることに決めたから、
ダンともうまくいくかなーと思いきや
お互いに好きだって言い出せないままで、ずっともどかしい思いしてました。
デビーも本当は歌手になる夢を捨きれなくて、ダンもそれに気づいてて
デビーには内緒でデビーのお母さんのところに説得しに行ったんですよ。
本当に娘のことを愛してるなら、夢を叶えさせてあげるべきだ、って。
自分もデビーのこと好きだけど、離れるのは淋しいけど、
好きだからこそ行かせてあげるべきなんだよ、って。(以下省略)

ダンはダンで遂にレーサーになる夢が叶おうとしてて、
自分の整備した車でレースに出場するんです。
そのレースが開催される日、
お母さんはデビーに「夢を叶えてきなさい」って言うんです。
淋しいけど、私もダンも待ってるから。
愛してるからこそ、あなたに夢を叶えて欲しいのよ、ってね。
そこでデビーは初めてダンの気持ちを知ってね、
慌ててレース会場に向かいます。
デビーがやっと会場に到着した頃、レースは終盤を迎え、
接戦の末、ダンは見事優勝!
ゴールラインを越えてからちょっとコースアウト、車は多少煙を吐いてるけど、
ダンは笑顔で観客席にいるデビーやベンに手を振ります。
そしてダンはまた運転席に戻ったその瞬間、ダンの車が大爆発!!炎上!!

ビックリして「うそっ!?」って叫んじゃいましたよ。
ほんとにショックだった。
だから今週はダンのお葬式の話ばかりですよ。
デビーもすごく落ち込んでてね。
毎日30分づつやるんだけど、今週は毎回涙ぐみながら見てます。
ダンを死なせるなんて、ひどいよー!
せめてデビーと幸せになって欲しかった!

うゎー、ちょー長くなっちゃった。
こんなメロドラマに夢中になるなんて
あたしもすっかりおばさんかしら。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/110-f916a170

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。