3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あけましておめでとうございます。
とうとう新しい年になっちゃいましたねー。
年女なんですよ、あたし。数えで24歳。コケー。

時が経つのは早いですねー。
前回年女だったのは12年も前のことなんですね。
覚えてませんよ、そんな昔のこと。
あたしは11歳、小学校五年生だったのかしら?
あ、小学五年くらいだったら覚えてるわ。
確か新しい校舎が建てられて、木造の旧校舎が取り壊されたんですよ。
確かあの頃は、スバル、インプレッサのCMで
チャゲアスの『no no darlin’』が流れてたはずです。

せっかくだから、小学校の旧校舎の思い出を話しましょうか。
理科室の前には「観察池」と呼ばれる池があって
その名の通り、水の中の生物を観察するためにある池、のはずなんだけど
水の中にあったのはいつもどす黒い藻とボーフラ、というイメージがあります。
観察池の隣には「岩石園」があり、
そこには火山を模してたくさんの岩が積み重ねてありました。
観察池の反対側、渡り廊下を挟んで隣にはトイレがありました。
えー、このトイレが曲者でね、実は、男女共用だったんですよ。
今考えると、ものすごいことですよね、男女共用のトイレって…。
あの建物が昭和23年の設立当時から立っていたとは思えませんが、
それでも相当古いはずですよ、だって扉とか床とか隙間だらけだったもん。
冬には隙間風がぴゅーぴゅー吹いてて寒かったですね。
ここだけの話ですが、掃除の時、
あたしは掃き集めたゴミを床の隙間に捨ててました。
チリ取り入らずです。

今の若い子達にとっては、とても信じられない話でしょうね。
ってか、同年代の子でもこんな木造校舎経験のある人は少ないでしょうねっ!
どうっすか?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soleil33.blog2.fc2.com/tb.php/1-f070e0b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。