3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
同志と長電話。





例えば、王や長嶋は10年後も野球を続けているだろう。
たぶん、ケビン・スペイシーは20年経っても同じように役者でいるだろうし
横山健は40年後もギターを変わらず弾いてるだろうって言ってる。




そういうの、わたし達には何があるかなって話をした。
所謂ところの、レゾンデートル。



わたしもそれなりに年をとってきて
前ほど未来に夢や希望を見れなくなって (暗いなぁ)
この先どうなるかは全然わからないけど

これだけは続けていきたいって思えるものがあるのは
幸せなことだなーって思った今日この頃。



ありがとう。
やってやろうぜ。
スポンサーサイト
こんな時間に夕飯食ってますが、何か?




今日のメニューは、日曜日に作ったハッシュドビーフ。


平日は料理なんてしてる暇が無いから
週末に大量に作って冷凍、そして一週間かけて食べていこう、と
最近のわたしにしては非常に珍しく、実に堅実なプランを立てた。






が。









「わたしはA型です」と自己申告すると7人中3人の割合で驚くくらい (つまり微妙)
わたしは几帳面で細やかな性格ではない。

このハッシュドビーフも、小分けにして冷凍なんてことはするはずも無く
テキトーに全部タッパにいれて、テキトーに冷凍庫にぶち込んだ。



今日、23時ちょっと前に帰宅、
早速チンして食べよー、なんて思って出してみたら、
当たり前のことだけど、タッパはカチカチ。
中身も外身も、タッパごとカチカチ。
略してタッパカチ。 (←流行語大賞狙い)


敬意を表したくなるほど見事に凍っちゃって
スプーンもナイフも、包丁でも歯が立たない。


しょうがないから、テキトーなわたしは
タッパカチカチ略してタッパカチ (←しつこいようだけど流行語大賞狙い)
テキトーにレンジに放り込んで、テキトーにチン。

あまりにカチカチなもんで、何回もチンしなおしたよ。



おかげ様で、2~3回に分けて食べるはずだったのを一気に解凍、一食で全部平らげ、
こんな夜中に食べ過ぎて胃が重いわ
2~3日食いつなげるはずだったのが全部パァになってしまったわで
そりゃぁもぅ、てんやわんやよ。



ま、そんな話。
ここんとこずっと、邦楽は聴いてなかったけど
やっぱり、ウルフルズはいいなぁーと思った。

サラリーマンNEOを観て、
『ええねん』を聴くと、ちょっと心が温まる。




なんかなぁー
ツボなんだよなぁー。


ふと思ったので記録してみた。
久しぶりに会った友達に
話し方が変わったねと言われた。



自分でもそう思う。

昔よりカタコトになった。




書く文章も変わった。

昔より長ったらしくてキレの無い文章になった。



長ったらしい文章は好きでない。
リハビリをしなくては。
最近、全然映画を観れてないんで
何とかして観る本数を増やしたいなぁ、なんて。


なかなか観る時間も取れないけど
週1、2本くらいならなんとかなるかな、なんて。



そんなわけで、またネットでDVDレンタルを始めてみた。
ネットで借りてポストに返却っていう、アレね。


今回はDMM.COM。
ツタヤよりもビミョーに安いのです。




でもさ、わたし好みの映画って観るのに結構体力使うものが多いので
いつも、2本ずつ借りるうち、
1本はシリアスもの、1本はお手軽ものといったチョイス。



今回は映画『25時』と『名探偵コナン』のTVシリーズの組み合わせ。




いまだに『25時』を観ようという意気込みが入らず
毒にも薬にもならないような『コナン』シリーズをエンドレスで掛けまくる毎日。


同じ事件ばっかりとにかくエンドレスで観まくりだけど
ちょっと淋しめで音が欲しいとき
なんとなくテレビをかけっぱなしにしたい時って有るから
そんな時に、何とも無いコメディやアニメを繰り返しかけてる事が多いから
そんな時にこんなテレビシリーズもののアニメって使える。


つまり、『コナン』はいい。



↓一応、参考までに広告載せときますが↓

無理してクリックしなくてもいいけど
興味がある方は覗いて見てもいいかもです。






今日、不思議なところから電話が掛かってきた。




会社から支給されているケータイ。

最近は外回りに出ることもメッキリ少なくなり
会社ケータイを持ち歩くこともだいぶ減ってきた。

いつもと同じように
今日もデスクに置きっ放し。



ここでちょっと、わたしの仕事の話。


わたしは仕事柄、定時で帰れることは滅多になく
むしろ18時を過ぎてから「さぁ、もうひと踏ん張り!」
なんてことが多かったり。

もちろん今日も同じような感じで
19時をまわっても帰れそうも無く、黙々と業務を進めるわたし。

一緒にチームを組んでいる先輩も
この時間になってもあちこち電話したり、メールの返信に追われたりしている。



黙々と仕事を続けて数時間。
うへー、やっと一段落。
そろそろ帰ろっかなぁー、なんて思いながらふと隣を見たら、
先輩がどこかへ電話をかけようとしていた。

それがどこへかける電話か、わたしにはわかっていたもんで

(うーん、長くなりそうだわね。
 さようならの挨拶できないけど、まぁ、先に帰っちゃおう)

などと思いながら帰り支度をしていた。




仕事っつーのは不思議なもんで。
さーて帰ろうかなぁー! なんて思った矢先に
やらなきゃならない事が降って湧いちゃったりする。

今にも帰ろうとしているわたしの
滅多に鳴らないはずの会社ケータイが鳴った。


注:わたし、会社ケータイは自宅には持ち帰らないので
  この電話に出るって事はつまり、まだ帰れないってことなのね




おーい、なんでこんな時に!!
なんて思って、ケータイの画面を開いてみると
なんだか見たことあるような無いような番号。


誰だかよくわからない相手だし、とにかく愛想良くしなきゃ。
そう思って、元気に名乗ったわたし。

『はい! タクです!』 



その瞬間、隣の先輩が崩れ落ちた。





『ゴメーン!! タクちゃんに掛けちゃった!!』




あ、ありえねぇ!!!



同じ会社の、隣の席から
同じオフィスの、しかも隣の席にいる人に
外線で、しかもケータイ宛に電話を掛ける先輩。



どんだけーーーっっ!??





先輩はその後、隣の席の人に繋がってるにも関わらず
電話も切らずにしばらく笑い潰れてました。
まぁ、社内だと気づかずに勢い良く出たわたしもわたしなんだが。

でもわたし、そんな先輩が大好きです。




と、こんな話。

会社の話は書かないと決めてたんだけど
最近、なんか吹っ切れたっていうか
書いてもいいかなー、なんて思っちゃってる今日この頃。
FREEDOM vol.3 買っちゃいました。


FREEDOM 3FREEDOM 3
浪川大輔 森久保祥太郎 山口勝平


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




やっぱかっこいいわぁー。

ロマンよね。
ロマンだわ、うん。

ややウルっっときた。


vol.4が楽しみ。
あー、銭湯いいね。


ついに銭湯デビューよ。

ほんっと気持ちいいね。


万全の態勢で挑んだつもりだったけど
化粧水と乳液を忘れてしまった。

それから、小物を入れるのは
袋よりもかごの方がいい。


銭湯グッズをカンペキにそろえて
定期的に通おうっと。
つい最近まで

ドコモダケのことをキノコダケと呼んでいた。



しっかし、新しいケータイ、
使いにくいったら無いわ。


つい数ヶ月前に機種変したばっかで
現在使用してるのは703シリーズ。
いわば最新型を使ってるわけなんだけど
どうにも気に入らない。
いまだに使いにくさが気になってしょうがない。
904が出たらすぐにでも替えてやる!!



そんなこんなで703を使ってるわけなんですが
待ち受け画面には待ちキャラというものがいる。

わたしのケータイでは初期設定で待ちキャラがドコモダケになっていて
待ち受け中には暇そうに歩いてたり
新着メールがあると手紙を持ち歩いてお知らせしてくれたり
電源を入れた瞬間には葉っぱをかぶって寝てたりする。



機種変したばかりの頃は
待ちキャラというものがいまいち良く理解できず



「なんかさぁ、わたしのケータイに変なキノコがうろついてるんだよね」


なーんてことを言ったら、

「変なキノコって!! ドコモダケじゃん!!」

と、友達に思いっきりツッコまれたけど
待ちキャラってのがやっぱり理解できなくて
曖昧なリアクションしか取れなかった。



それはさておき、こないだ実家に帰ったとき
母がわたしの新しいケータイを興味津々と見ていた。

あんまり変なとこいじくらないで欲しいなぁ、
なんて思いながらも放っておいたら
急にビックリした声で母が


『何これっっ!! 変な人が歩いてる!!!』


何を見つけたのかと覗いてみたら
待ちキャラのドコモダケがトコトコ歩いてるところだった。



変な人って!!


いくらなんでも、人じゃぁねぇだろう。


それにしても、
やっぱ親子だわね。
健康な身体は健康な食事から。

これはまず基本だよね。



わかっちゃいるけど、なかなか、ね。
忙しくて料理も出来ない。
コンビニや外食で済ませてしまう。
料理するくらいなら寝てた方がマシー!!
って思ってしまうくらい、ダルダルなのよ、今のわたし。


でも、こないだ、会社の先輩とランチに行ったら

『美味しいもの食べないとダメだよ!!』

ってことを、めいっぱい言い聞かされてしまった。



その先輩曰く

『ボクにとって食事ってのは、1日に3回もある大切なイベントなんだよ!!』




とにかくランチブレイクの間中、
その食事にかける熱い思いをぶつけられた。


1日に3回もある大切なイベント。

うーむ、なるほど。
ものは言いようよねぇー。
いわれてみればその通りって気がしてきた。


美味しい!! って思えるものって
身体だけじゃなく、心にも良いもんなのよね。


よし!! 心に栄養たくさんつけちゃおう!!
美味しいものたくさん食べよう!!!



というわけで、呑み仲間募集中。
楽しい仲間と取る食事ほど美味しい物は無いからね。
タリーズかスタバかで言うなら
わたしはタリーズの方が好き。

特に理由はないが、
ただ、なんとなく好き。


でもねぇ、エスプレッソでいうとねぇ、
タリーズよりスタバのが美味しいんだよねぇー。


美味しくないとわかってても
敢えてタリーズに行ってしまうこのロイヤリティ。
評価に値するわ。

誰か、わたしを褒めて。
考えよう。



感じる心も、肌で読み取る感覚も失われてしまった今、
言葉をつむぎ出すには、
無理やりにでも頭を動かすしかない。


押してダメなら引いてみて
引いてもダメなら揺さぶってみて
エンジンでもモーターでもぜんまいでも
何でも良いからとにかく動力を植えつけて。


出てきた言葉がどんなにつまらない物でも
出し続けるうちにきっと感覚を取り戻すよ。

きっとね。
選挙なんてとっくに終わってるんだけど
まぁ、こんな話。






わたしは選挙カーとやらが大嫌いで

あんな大音量で挨拶をされても騒音にしか聞こえないし
何百回という名前の連呼も何ら意味があるとは思えない。

さらにああいう車に乗ってる人って、
たいていムダにハイテンションで、愛想の押し売りって言うか
あれほどまでにウソ臭い笑顔で手を振られた日にゃぁ
こんな奴になんか絶対投票するもんか! なんて思ってしまう。


まぁ、簡単に言えばひねくれてるだけなんだけど
でも嫌いなんだからしょうがない。





それは、区議会議員選投票日直前のある日のこと。


あまりにいいお天気なもんだから
散歩がてら、買い物に出かけた。




その途中、車一台やっと通れるか通れないか位の
ものすごい細道な商店街があるんだけどね。


とある選挙カーが無謀にもその道に入り込んでいって


わたしも目的地に向かうには、そこを通るのが一番の近道だから
あの騒音と無意味な名前の連呼絶える覚悟で
その選挙カーに続いて、細道商店街に入っていったのね。



その選挙カーも、最初は意気揚々と進んでいって
後ろを歩くわたしにも、あのウソ臭い笑顔で手を振りまくり
わたしは気分が萎えまくり。


選挙カーって、もともとそんなスピードは出さないもんだけど
そこは特に細道だったこともあり、なかなか進まなくてねぇ。

車もでかめのワンボックスだったから、抜かすに抜かせず
結局は目的地に辿り着くまで、
その車の後をトコトコ歩きながらついて行くことになってしまって。


以下、その時の選挙カーのスピーカーから流れる音をレポート。
喋ってるのは、候補者本人だと思われます。





『商店街の皆様ー 大きな声でご迷惑をおかけしております』

選挙カーの決まり文句。でも迷惑だと思うならやめろって。



『ヤマオカー ヤマオカー ヤマオカでございます(仮名)
 商店街の皆様、こんにちは。あっ、おばあちゃん、どうもー』


声をかけられたおばあちゃん、意外に無反応。



『あっ、ごーめんなさいねぇー。お邪魔します。ヤマオカです』

あんな細道をでかいワンボックスで通るもんだから
通行人がよけるのに脇の塀にへばりついちゃったりして。



『あ、意外に細いんだな。こんなとこ入っちゃって大丈夫なの?』

通行人にあまりにも迷惑かけてるもんで心配になってきたらしい。



『商店街の皆様ー。あ、こんなに並んでらっしゃって』

商店街の一角で行列を発見。



『わー、スゴイ行列だな。待ってるんですね。ご苦労様です』

なぜか口調は素に戻る。本気で関心してたのかも。



『商店街が賑わうのは嬉しいことです。地域活性化です』

無理矢理選挙の方向に持っていこうとするが、宣伝にはなっていない。



『あ、どうもー。こんにちはー』

名前の連呼を忘れてしまっている。
でもこういう素直な挨拶の方が好感持てるんだよね。



『え、どこ行くの、これ? 左曲がった方がいいんじゃない?』

それはマイクを通して言うことじゃないだろう。



『おっ、だ、大丈夫かな? そっち行っちゃうの?』

だから、それはマイクを通して言うことじゃないだろう。



『えー、お騒がせしております。ヤマオカでございます』

平常心を取り戻したらしい。



『えー。別の候補者の方の事務所が見えてきました』

そうそう、この商店街には別の候補者の後援会事務所が何件かあるんだよね。
って、お前はレポーターかよ!!



『事務所の前を失礼いたします』

只今、事務所前通過中。



『えーと、こちらはワタナベさんの事務所ですね。ワタナベさん、頑張りましょう!』

ワタナベさん後援会のおば様方はというと、
満面の笑みで、ヤマオカさんにエールを送っている。
なんなんだ、この盛り上がりは。
ちなみに、こちらの事務所にワタナベさんは不在。



『ワタナベさん、頑張ってください。えー、ワタナベ、ワタナベでございます』

お前、ワタナベじゃねぇだろう
何故かノリノリでワタナベさんの宣伝をはじめるヤマオカ。



『ワタナベ、ワタナベ、ヤマオカでございます』

結局は自分かよ!!

さすがに敵の名前ばかり宣伝するのはまずいと思ったのか
それとも素で間違えたのか (コイツならあり得る)


そんなはちゃめちゃな街宣を続けるヤマオカ。
わたしはその辺りで別の道に入ってしまったので
ヤマオカのその後は全然わからないんだけどね。
(選挙の結果も確かめてないし)



いまだに選挙カーは大嫌いだけど
ほんのちょっぴり心が温まる出来事でした。


って、どーでもいい話なんだけどね
今、ふっと思い出して書かずにはいられなかったのよ。
今日、取引先の社長が来た。



その社長さんが話をしている間中、


ずーーーーーーっと


わたしのお腹はなり続けていた。




「私どもの考えとしましては……」
ぐぅー。



「御社にはいろいろと……」
きゅるるるるるるる。



「それで、今後の体勢としましては」
ぐぐぐぐぅぅぅぅーーー。






それでも平然を装い続けたわたし。





まわりがあまりに無反応だったもんで、
上手くごまかせたつもりでいたけど

商談後、一緒にいた先輩に
「お腹鳴っちゃいました」と自己申告したら
「うん、ものすごい鳴ってたね」と言われた。



ば、バレてた!!!!



こりゃ、間違いなく社長にも聞かれてたな。



でも、


はらが減ったっていいじゃない。
人間だもの。 よをこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。