3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
更新も2週間以上滞っておりまして
ご迷惑をおかけしております。

「ご迷惑をおかけしております」って言う必要がある程
たくさんの方が見てくれてるのかという点には
ちょっぴり疑問を投げかけたいような気分ですが
まぁ、いつもどおり細々と続けていきますですよろしく。



つーわけで、近況報告。


先週末に、超極秘&超ハードスケジュールで緊急帰省したのは
ごく一部の人しか知らない事実なんですけどね
皆さんのにたくさん心配してもらったので
その詳細をお話しするとともに、
それに纏わる様々なカクカクシカジカをお話しましょう。



まず、平日に関してはお話しすることは一切ございません。
なぜなら、仕事して帰ったら寝るだけの生活だから。

もー、とにかく、夜遅くまで働いてます。
つーかすごいね、日本橋って。

昔、新宿の専門学校に通ってたころ
友達と遊んでたりして帰りが遅くなることも度々あったけど
帰りの電車に乗ってるのは、同じように遊んだ帰りの人が多くて
酔っ払っちゃってる人なんかも結構いたように思いますが

同じような時間帯、同じような年代のひと達なのに
日本橋から電車に乗る人ってのは、みんな仕事帰りの人なのね。
スーツ着てさぁ、疲れた顔してさぁ、酔っ払いなんて滅多にいませんよ。
電車は行きも帰りも変わらず混み混みだし、大変よね。


ま、そんな話は後で改めてするとして。




先週末、家具を買おうと思って
噂のイケアに行ったわけなんですよ。

でもね、ひねくれ者で天邪鬼なわたしが
「噂の」何処かに行こうなんてこと自体が、
そもそもの間違いだったんですよ。


行ってみたら、そりゃあもう混んでましたよ。
たぶん、オープン初日と比べたら空いてる方だったんだろうけどね
人ごみが苦手なわたしにとっては、もう、だめ。無理。

欲しい物は決まってるのに、見たいものは決まってるのに
人ごみの流れに沿ってしか歩けないもどかしさ。

ディスプレイのラブソファで仲良くし始める若い二人。
北欧のインテリアなんか興味ないくせに! ってツッコミたくなるような
訳のわからないウンチクをたれ始めるおじ様。
や、つーかこれ、全然安くないだろ! っていう値段。

まぁ、デザイナーズ家具としてはお求め安い価格なんでしょうけどね
一人暮らしの新社会人にとってはちとイタイかんじでしたよ。


そんなこんなで、いろんなことに対して気分がなえてきて。
結局なーんにも買わずに出てきちゃいました。
まったく、とことんひねくれ者なんですよ。
自分でもそう思う。



とはいえ、どこかしらで家具は買わないとならないんで
うちから地下鉄で5駅くらい行ったところにあるニトリに行きました。

したっけさぁー、(←栃木弁)
ここでいきなり方向音痴の本領発揮。
全然わかってないくせに、ずんずん進むのね。
気がついたら全然反対方向にいて。
道端の地図見ながら、近くにいたおじさんに
「ニトリってこの近くですか?」って聞いてみたら
帰ってきた答えは

「あー、ニトリね。この道をまっすぐ行って、
 三つ目の信号を左に曲がって……」

「三つ目を左、ですね」

「えぇ。そしたら、その辺でまた尋ねてみて下さい」



正確な場所教えてくれねぇのかよ!!



まぁ、そのくらい見当違いな場所にいたってことですよ。
その後もさらに迷い続けて
駅から徒歩6分のはずのニトリにたどり着くまでに
小一時間費やすわけなんですが、
いい運動になったし、良しとしましょう。


大変なのはそれからですよ。


ニトリで家具を物色。
ベッドとレンジ代とクローゼット内の収納用にクリアケース、
洗濯物のバスケットと、食器をいくつか。

もともと全部配達してもらうつもりだったんですけど
ここでさらに緊急事態発生。



まずは、支払い&配達の手続きをします。
ベッドは在庫がなくて、届くのは最短でも6月になるとのこと。
まぁ、そんなのはどうでもいいんですよ。
そんなに待ってまで欲しいもんじゃなかったし
別のさがそう、ってことで丁重にお断り。

じゃぁ、ほかの小物の配達はどうしますかー、
なんて言ってるところに母からメール。

その内容は

じぃが緊急入院。
来週お見舞いに来て。



緊急入院なのに、来週来いってのもなんだか良くわからない話だけど
とにかくパニックですよ。


とりあえず来週は空けとかなきゃ!!ってのが頭にあってね。


「それでは、配達日は来週の土・日でよろしいですか?」
自分で来週の土日って頼んだくせに、急に心変わりしてね。

「あのぅ、これ、手で持って帰れないですかね?」
でかい棚は配達お願いするしかないとしても、
問題は、収納クリアケースとバスケットと食器。

もともとニトリではそういう小物は全部持ち帰りなんだけど
それは車で買い物に来ることを前提としてるわけで
地下鉄で5駅くらい離れたところから来てるわたしにとっては
かなり無謀な行為だったわけなんですよ。


でもまぁ、そのときは必死でしたから。


「持ち帰れますよね、地下鉄乗るんですけど、そんなに重くないしね」

勝手に納得して、半ば自分に言い聞かせる感じで決定。
店員さんは、今思えばあきれてたようにも思えるけど
持ちやすいようにと、親切に取っ手をつけてくれました。



そんなわけで、片手にクリアケース、
もう片方の手にはバスケットと食器の入った大きな袋。
しかも外は雨。
傘も差さなきゃ。

駅までは徒歩6分。
もぅ、何度店まで引き返そうと思ったか。
やっぱり配達してくださいって頼もうと思ったか。

でも、別に不可能な重さではなかったし
さすがに地下鉄とかはちょっと恥ずかしかったけど
しゃーないじゃん? 
欲しかったんだし。早く帰りたかったんだし。
もう、開き直りってやつです。


今思い返せば、あんな思いして持ち帰るくらいなら
なにもわざわざそんな遠くの店に行くことなかったんだけど。
今思い返せば、「今思い返せば…」ってことがたくさんあるけど
まぁ、買っちゃったものは仕方ない。


やっとの思いで部屋に到着。
母に連絡を取る。


じぃの急病は、なぞの大量出血らしい。
来週なんて流暢なこといってらんないですよ。
宅配便の再配達を予約してたけど、
そんなのすっぽかして、すぐ帰りましたよ。

わたし、じいちゃんには特にかわいがってもらってるんでね。
「来週来い」っていうくらいだから
病状もそれほど深刻じゃなかったんだろうけど
一週間も待ってられるほどの余裕はありませんでしたから。


そんなこんなで、その日の夜に緊急帰省。
帰っても母は病院で看病してるから足がない。
兄を呼び出して家まで送ってもらう。

次の日の朝、病院へ。

じいちゃんねぇ、泣いてましたよ、たぶん。
「まさかようこが来てくれるとは思わなかった」って。

当たり前じゃん! 心配で飛んできたんだよ!
って言いましたけどね、本心ですよ。



とりあえず、命に関わる問題ではないらしいので一安心ですよ。
ほんと、早くよくなって欲しいわー。



つーわけで、無事に過ぎ去ってみると
あのニトリから自室までのクリアケースとの格闘はなんだったんだ?と
疑問に思いたくなるようなならないような微妙な気分ですが

とりあえず、まぁ、イケアに行ったり道に迷ったりと
あれだけ歩き回ったにもかかわらず
重いものを抱えてさらに歩いたり、その足で新幹線乗ったり。
わたしもまだまだ若いじゃん? と。
これが今日の結論でございます。

「わたしは若い」


「わたしは若い」



あ、思わず二回書いちゃった。
しかも強調して。



ま、いいべ。
ほいではまたね。

(唐突な終わり方だ)
スポンサーサイト
ふたたびネカフェから更新です。

ほんとはこんなことしてる場合じゃないんだけどなー。
今、土ワイ(土曜ワイド劇場)に
わたしの大好きな長谷川さんが出ててねぇ。
二週連続で登場なんて、ファンとしてはうれしいですよ。
相変わらず超脇役だけど、先週より目立ってます。
今回は主役と常に行動をともにしてますからね。
しかも心なしか先週よりかっこよくなってるし。



おっとっと。
別にハセの話を書くためだけに
わざわざネカフェまで来たわけじゃないんですよ。
つーか、そんなことするくらいならむしろ
家にいて土ワイを最後まで見てますから。


まー、少々ネット依存症の気があったわたしとしましては
やっぱり部屋にネットが繋がってないのはかなりイタイ、と。
でもまぁ、接続の申し込みをしようにも
プロバイダやら接続方法やらの情報がひとっつもないもんで
今日こうして情報収集に来たってわけなんですよ。

上手くいけば来月あたまくらいには
部屋でネットができるようになってるんじゃないでしょうか。
ま、ネットをやってる暇があればって話なんですけど。



とりあえず今回はこの辺で。
わたしが自分の恋愛の話を公の場に書くなんて
今まででは考えられないことなんだけれども。


でも、わたしがこういう風に思うようになったのも
全てはあれから始まってるのかなぁーなんて
思い当たる節も無いではないので、とりあえず書いてみることにします。
(注:長いですよ)





いつだったか、正確な日付までは言えないけど
ちょっと前に、ある人を好きになった。


その人はすごく年上で、わたしはまだ若かったし
たぶん、その人はわたしのことを子供扱いしてたと思う。

でも、相手は年上扱いされるのを嫌がってたし
それはきっと年齢のせいでは無くて
もともと面倒見の良い人だったせいもあるんだろうけど
それでもたぶん同等には見てもらえてなかった。

子ども扱いされたり、甘えたりするのは結構好きだから
わたしはそういう優しさとか面倒見のよさに甘えきってて
たまに見せるちょっとバカにしたようなその人の態度も、
それほど嫌いではなかった。


当時、わたしはまだ学生で
お気楽学生気分丸出しで親のスネかじりながら
「一生、学生でいたいなー」なんて言って好き勝手やってて
そのくせ、自分ではいろいろ知ってる立派な大人のつもりでいて
偉そうなことをいっぱいほざいたりしてたけど
結局は、頭ばっかりデッカチで中身の伴わない
薄っぺらでただ大人ぶってるだけの子供だった。



わたしが好きだったその人には彼女がいた。

彼は彼女にメロメロで   (古い表現だな)
「彼女しか考えられない」とか言いながらも
時々浮気してたのを、わたしは知ってるけど
それでもその人の浮気は本当の『浮気』で
結局最後には必ず彼女の元に帰ってたし
「彼女しか考えられない」ってのも本心だったんだと思う。


彼も彼女も仕事を持って働いている人だった。

普段、彼と話す分にはそれほど年の差を感じたことは無かったけど
やっぱり社会にでて仕事をしている人ってのは
学生とは違う大人のオーラみたいなものを出していて
薄っぺらなわたしにはわからない部分がある気がした。

そして、そのわたしのわからない部分を共有できて
彼といつも対等でいられる彼女が、なんだか羨ましかった。
自立した女って感じの彼女が、なんだかかっこよく思えた。



あるとき、彼が何か問題を抱え込んだことがあった。
なにやら相当切羽詰った問題だったみたいで
夜もほとんど眠れないし、ご飯もロクに食べれてなかったんだろう
彼は見る見るうちにやつれていった。
目の下には濃いクマが出来ていて、見るからに疲れてる感じだった。


わたしは心配で心配で、
「どうしたの? 大丈夫?」って顔をあわせるたびに聞いてたけど
「何も無いよ、大丈夫だよ」って、いつもそれしか言ってくれなかった。
何も無い訳ないのに。どう見ても大丈夫って顔じゃないのに。
そんなの見てすぐわかるのに。


そんな大きな問題、
いつまでも一人で抱え込んでられるはず無い。
彼は他の友達にいろいろ相談してたみたいだった。

その人とわたしの共通の友達から聞いた話。
その友達も、彼がやつれてることに気づいたらしく
「何かあったの?」って聞いてみたんだって。
そしたら彼は、「実はこんなことがあってさ、大変なんだよ」って
その友達には何があったかを話したらしい。
でも、最後に一言「ようこには言わないでくれ」って。
「心配かけないように、気を使ってるんだよ」って友達は言ってたけど。


なんでわたしには話してくれないんだろう。
こんなに近くにいるのに。
こんなに心配してるのに。
思ったら涙が出てきた。


悔しいからなのか悲しいからなのかはよくわからなかったけど
とにかく涙が止まらなかった。

情けなかった。
大好きな人が夜も寝られないほど困ってるのに
何もしてあげられないこと。
大切な誰かがすぐそばで苦しんでるのに
それでもわたしの毎日は淡々と過ぎていって
それなりに面白おかしい時間をすごしていけること。

その日、どんなに楽しいことがあっても
彼の顔を見ると、浮かれてはしゃいでちゃいけないような気になった。
何か問題を抱えてるあの人の前で
バカみたいにはしゃぐのは申し訳ないと思った。
そう考えたら、どう振舞ったらいいのかわからなくなった。
心配そうな顔を見せるくらいしか出来なかった。


それなのにあの人は、
わたしの前で勤めて明るく振舞おうとしてた。
わたしの心配そうな顔を見るたび
冗談を言って笑わせようとしてくれた。
「オレは大丈夫だから、元気出せよ」って
自分が一番辛いはずなのにさ。
それを思ったら余計に涙が出た。


彼が抱えていた問題がお金のことだったってのは、後で知ったこと。
身内が借金を抱えてその肩代わり、とか
そういうような内容のことだったと思う。
あんまり詳しい話は書けないけど。


心配するだけでは何の助けにもならないってこと
初めてちゃんとわかった気がした。

彼がわたしに何も言わなかったのは
わたしに話してもどうしようもないからだったんだと思う。
実際、話を聞いたとしてもわたしは何も出来なかったし
だったら余計な心配をさせないようにしよう、って
そういうのが大人の考え方なんだろう。


こんな近くにいながら何の力にもなれなくて
「大丈夫?」ってバカみたいに繰り返すだけしか出来なかったこと。
一番辛いはずの人に、逆に気を遣わせてたこと。
「大丈夫だよ、心配すんな、元気出せ」って
自分のがよっぽどつらい思いしてるはずなのに。
こんな時、そばでいつも笑っていてあげることだけが
わたしに出来る精一杯の思いやりだったんだろうに
それすらも出来なかったこと。
情けなかった。


もちろん、彼女は彼の抱えてた問題を詳しく聞いてて
実際に助けてあげたりもしてたんだと思う。
その辺は個人的な話しすぎてわたしには良くわからないけど。


仕事もあって、稼ぎもあって、彼とはいつも対等でいて
困ったときにはちゃんと支えになってあげれる
そんな彼女に、わたしは叶わないと思った。



その問題が解決してからも
やっぱり彼は相変わらず面倒見が良くて
わたしもその優しさに甘えたりして
その彼のことはやっぱり大好きだったけど
やっぱり彼女には叶わないと思ったし
自分ために人の幸せを壊したりはしたくなかったから
その後、その彼とどうこうなろうとも思わなかった。


ただ、早く大人になりたい、
早く自立したい、って、そう思うようになった。


好きな人の支えになりたい。
守ってもらうだけはもう嫌だ。
そりゃもちろん、甘えたりもしたいけど
できれば、いつでも対等でいたいし
辛いときには頼ってもらいたい。

例えわたしが力になってあげれないようなことでも
せめてそばにいれば慰めになるような
辛いときにはいつでも駆け込んでこれるような
包みこんであげれるような、巣みたいな場所を作ってあげたい。
なんかそういう、大きい人になりたいと思った。


その為にはやっぱりまず自立すること。
自分の足で立てない人は、
誰かに支えになることなんて出来ない。
誰かに寄りかかったままじゃ
自分の好きな道も歩けない。



わたしが就職活動を始めたのは
自立への第一歩を踏み出すため。

これ以上親のスネをかじって好き勝手やってたくないし
好き勝手しながら偉そうなことを言っても
それは所詮中身の伴わない虚栄でしかない。
そんな状態で誰に何を言っても、何の説得力もないし
一番自分が納得できない。

そう思って、親に猛反対されながらも大学院を辞退して
思いっきり凹んだり躓いたりしながら就職活動を続けて
いまやっとひとり立ちに向かって動き始めた感じ。

もちろん、人間は一人じゃ生きていけないのは重々わかってるけど
それでも、少なくとも自分の身体くらいは自分の足で支えられるようになりたい
と、そう思ったんですよ。




なんつーか、まとまらない話になっちゃったけど
そんなこんなで、いま一番の目標は『自立』です。


かといって、その為だけに仕事始めたわけじゃなくて
最終的なところには大きな野望が掲げられてるわけなんだけど
なんつーか、とりあえず自立しないことには
野望を追いかけるにも、恋愛するにも
全てが中途半場になりそうで。


なんつーか。
そんなわけだから、なんというか。
つづく!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。