3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
元祖しゃちょう日記にて
ひろゆき氏がこんなことをおっしゃってました。


プライドのせいで頭が下げられないとか、
プライドが邪魔をして損をする人を見かけることはありますが、
プライドが低いせいで損をした人を見たことがありません。

結局、プライドってあるだけ無駄なんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょう?




えーと、
プライドのせいで頭が下げられないとか
プライドが邪魔をして損をするというのは
結局、その程度のプライドだったのでは?
と、思うのですよ。


例え自分の負けを認めたとしても
それで自分が崩れ去るわけではないし
いやな奴に頭を下げなくてはならなかったとしても
それで自分が汚れてしまうわけではない。

嫌なことがあっても
それを踏み台にしてもっと高いところへ昇ってゆける
自分はこんなところでつまづく様な奴じゃない

そういう自分自身に対する信頼や尊敬の念を
自信、自尊心、あるいはプライドって言うんじゃないかと思うです。


プライドのせいで頭が下げられない、とか
プライドが邪魔をしてなすべきことが出来ない、なんてのは 
ただ意地をはっているだけの様にも聞こえます。
あるいは「プライド」という言葉を言い訳に使っているだけとか。
そんなプライド、あまりに安っちすぎるのではないか、と。



少なくともわたしはものすんごいプライド高いですけど
それで損したことなんかひとっつもありませんし。

つーか、わたしにとってプライドとか誇りってのは
自分の芯の部分に当たるもので、いわば背骨の部分ですから
「プライドが高くて、得をすることってあるんですか?」ってのは
「背骨が太くて、得をすることってあるんですか?」って言ってる様なもんで
損とか得とか、そういう問題じゃないんじゃない? とも思うのです。


それに、プライドが全く無いってのも結構淋しいもんだと思いますよ。
スポンサーサイト
少し前に、
感染するとデスクトップ画像を勝手にコピーされ
その画像が持ち主の知らぬ間にウェブ上で晒されてしまう
という、なんとも恐ろしいウィルスが流行りましたが。



デスクトップが晒されるとどんな不都合が生じるのか
デスクトップにあまり興味のないわたしには良くわかりません。


というわけで実験。

自主的に自分のデスクトップを晒してみることにしました。 (バカ?)




デスクトップって言ったって、
ゴミ箱のアイコンしか無いしぃー。


こう見えて結構ミニマリストなんですよ。
リーダーといえば誰ですか?
思い浮かべてみてください。







ポクポクポクポク







チーン!






『リーダーといえば誰?』という質問に対する答えで
その人がどの世代の人なのかがわかるんだとか。


今の若い人たちの答えは「城島くん」なんだそうですが。




わたしのバイト先では6人中
1人が「城島!」と答え、
3人が「ヤァー!!」と答えました。
おそらくダチョウの肥後リーダーのことと思われます。



ちなみにわたしの答え。

「いかりや長介」

世代を越えた良い答えだと思ってたんですが
「ふるっっ!!」ってみんなにおもいっきりツッコまれました。
いいじゃない、だって好きなんだもの。




そして気になる最後の1人の答え。

渡辺正行


古いだのなんだの通り越して、コアだよね。
わたしのブログをリンクしてくださってるであろう方々のブログを
こちらからもリンクさせていただきました。
これからは相互リンクってことでヨロピコです。
なにか不都合がございましたらご一報ください。

アーンド
うちからもリンクしてるんですけどぉーって方
いらっしゃいましたらこれまたご一報ください。
ヨロプコです。
いつもお世話になってます八百屋の兄ちゃん(推定23歳)が
今朝もお野菜をたくさん運んできました。

しかぁーし!!
何かが足りなかったのであーる!!


「あのぅ、レタスは?」
「あ゛っ!! 忘れたっ……ス」


忘レタス??




一瞬ぶっ飛ばしてやろうかと思いましたけどね。

急いで持ってきますとのことだったので
笑顔で見送ってあげました。




そして一時間後。
八百屋の兄ちゃん(推定23歳)が持ってきたレタス。





らりるれレタス


やっぱりぶっ飛ばしてやろうと思いました。




SALE もち

でかでかと書いてある割に
一見してもちの姿は見当たりません。

うーん、もちはいづこ。
なかなか風邪が治りません。


これはもはや風邪ではないのやも!?
つーか、薬の副作用で余計につらいんですけどー。

てなわけで今日は薬を服用するのをやめてみました。


ん?
薬を飲まないってことは、
ボジョレーヌーボーを我慢しなくていいってことじゃね?

一回飲んだっきり(薬剤師さんにあきれられたっきり)
全く手をつけてなかったもんなぁー。
ひさびさに飲むかぁー。


と、ひさびさに飲んでみましたボジョレーヌーボー。
東京のホテルなんかでは1万円くらいでだしてる(らしい)ものを
特別に仕入れ値で売ってくれた訳ありボジョレーヌーボー。


それなのに。



ポップコーンみたいな味がするんですけど。



やっぱりいったん開けちゃうと味は落ちるんですねぇー。
わたしが風邪菌と格闘してる間に高級ワインがポップコーンに……。
初めはおいしかったのになぁー。
おしぃことをしたなぁー。


風邪菌、恐るべし!!
風邪をひきました。

こんなの寝てりゃぁ治るさ! などと高をくくって
朝からワインを飲んで寝てたのですが
昼過ぎになっても一向によくなる気配も無く
仕方なく病院へ行くことに。

そして診察を終え、薬局へ。

薬剤師さん 「お薬の説明しますね。まずコレが抗生物質うんたらかんたら」
ようこ 「はーい」
薬 「一日三回、食後に飲んでください。食欲はどうですか。あります?」
よ 「いっぱいあります!!
薬 「……じゃぁ大丈夫ですね」 (半笑い)
よ 「えへへ」
薬 「ちなみにアルコールは? 飲まれますか?」
よ 「飲みました」 (朝からワイン飲んで寝てたし)
薬 「へ? ……あぁ、飲むんですね?」
よ 「飲んできました」 (昼間にして既に)
薬 「えっ」
よ 「あっ、いゃ、飲まないほうが良いですよね、やっぱり」 (急に恥ずかしくなる)
薬 「いゃ、ははは。ちょっとくらいなら大丈夫でしょうね」
よ 「えへへ」


薬剤師さん、笑ってくれてたけど目は怖かった。

さすがの薬剤師さんも
わたしの「昼間っから飲んでました」宣言には意表をつかれたようです。

だって、ボジョレー・ヌーボーですもの。
むかーし大好きだったんですよ、K-1。

アンディ・フグ全盛期よりもほんのちょっと前。
まだK-1が深夜、もしくは日曜の昼間に放送されてた頃。
武蔵がまだムサシだった頃。
ピーター・アーツVSマイク・ベルナルド戦が因縁の対決とか言われてた頃。
まだ極真会館がK-1に参入していなかった頃。
佐竹がまだ……、もういい?


とにかく、その頃わのたしはK-1に夢中でした。
その頃の選手がいまだ活躍してるってのはすごくうれしいですねー。
そういう意味でも今日のピーター・アーツVSジェロム・レ・バンナ戦は燃えました。

やっぱりK-1はこうでなくちゃ。
今度のアーツVS武蔵戦が楽しみです。
ただいま帰ってまいりました。

徹夜明けな上に、風邪のせいで熱っぽい気もしないでもないので
なんだかミョーにハイテンションです。
イェー。


朝帰り、つーかもう昼じゃん。
とにかくこんな時間までどこへ行っていたのかというと
『世界のCMフェスティバル』を見に行ってたんですよ。


楽しかったー!!
と、イベントの詳細&感想を書こうと思ったんですが
ミョーにハイなわたしは自分でも何を書いてるのかわからない状態なので
とりあえず更新は後回しにしておいた方が得策かなぁーと。
イェー。
Googleのアカウント作成ページをのぞいてみました。

すると、パスワードの安全性に関する注意を促すこんなページが。


パスワードを安全に管理するためのヒント:
  パスワードを他人に教えない (パートナー、ルームメイト、ペットのオウムなど)。



ペットのオウムなど (笑)


「など」にはインコや九官鳥なんかも含まれると思われます。
いつ誰がどこで聞いてるかわからないですものね。
「あんた、仕事の帰りに買い物して来てよ」

今朝、母からこんな紙が渡されました。





この中にひとつだけ間違いがあります。
さて、それは何でしょう。




ポクポクポクポク




チーン!



『豆牛乳』
豆乳か牛乳か、どっちなんだよ!!



とりあえず豆乳を買い、家へ帰ります。
すると、叔母が遊びに来ていました。
すかさずわたしは例の買い物リストを見せ、

「おばちゃん、ちょっとこの紙見てよ。豆牛乳だって!」
「知らないの? 豆牛乳ってあるのよー。最近出た新種の牛乳でねぇ」

んなわけないじゃん!
てか、牛乳だったのかよ!!


まったく二人していい加減なことばっかり言って。
さすが実の姉妹だけあって、そういうところはそっくりですよ。
まぁ、そういうわたしも同じ血を引いてるわけなんですが。
ゴホゴホッ。


注:豆牛乳に関する叔母の話はフィクションです。
  実在の製品やら何かには一切関係ないはずです。
今や全世界のファッションリーダー的存在のグウェン・ステファーニ

ラヴ、エンジェル、ミュージック、ベイビー








上の文句はわたしが適当に考えたものなので、
本当に全世界のファッションリーダーなのかどうかは知りませんが (ぉぃ)
ファッション誌でも頻繁に取り上げられたり
自分でブランドなんかも立ち上げちゃったりして
とにかくノリにのってる感じがします。


そのグウェンが後ろに率いる4人の黒髪の女の子達、HARAJUKU GIRLS

そうです、日本人です。


わたしね、このHARAJUKU GIRLSが大っ嫌いだったんですよ。

だって、こんなこと言ったらすごく失礼だけど
この4人、ちょーバカくさいんだもん。
カメラ向けられるとダブルピースしちゃうし。

しかも、超ブロンドで真っ赤な口紅のマリリン・モンローチックな白人女性が
黒髪の東洋人を4人も連れて、イメージがどうこう言ってるのを見るたび
なんだかバカにされてる気がしてねぇ。
(わたしの見方が捻じ曲がってるのかもしれませんが)


でもね、とある音楽番組でグウェンのステージを見て
わたしは考えを改めました。

HARAJUKU GIRLS、すげぇよ。

踊り始めたらまるで別人。
真ん中で歌ってるグウェンが霞んで見えるほどかっこいいんです。
(てか、グウェンのダンスはあまりかっこよくない)

その日は4人の他にも外人ダンサーがたくさんいたんですが
それがみんなヘタクソに見えちゃう程、4人の動きはすごかったです。
グウェン以上に輝いてました。 (もっと映せ)


それを見て以来好きになりました。
応援してますがんばってください。


なーんて思ったのは去年のことだったなぁーと
去年のEMAを見ながらほんのり思い出しました。



ブログジャンル 25/45  『ファッション・ブランド』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。