3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『ふるさと』っていう童謡を知っていますか?
   うさぎおいし かのやま
   こぶなつりし かのかわ

小さい頃に習う歌って、
歌詞の意味なんかほとんど考えずに歌いますよね。
だから、たまに思い出話なんかすると、
人それぞれ解釈が違ってたりするんです。

ちなみに上に抜粋してある『ふるさと』の詞は、
あの山で、うさぎを追っかけたっけなぁ、
あの川で、こぶなを釣ったっけなぁ、という
幼い頃に遊んだ土地の回想シーンです。が。

以前、友達と話していた時のこと。
「あれは、うさぎを食べたんだよ。うさぎおいしいー、って。
 だって、次のフレーズでふな食べてんじゃん」
食べてないって!

別の友達はこんなことをほざいてました。
「私はあれ、『うさぎ負いし』だと思ってたのよ。
 うさぎを背負ってたんだなーって」
どんな遊びだよ! もう意味不明。
でも、この間違いは上級者向けですね。
「負いし」なんて普通は思いつきませんよ。

ちなみに、この『ふるさと』を
あたしの幼少期バージョンで作詞するなら、こんな感じです↓
   キジ追いし     かの林
   ザリガニ見つけし  かの用水路

あー、帰りたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。