3×8=24 【くだらないことを真剣に考える】

くだらないことを真剣に考えて、どーでもいいエッセイを、意味も無く書き続ける。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あー、もう、
最近全然やる気がおきなくてほんとに参ってます。


わたしはかなりのわがままだから
いつでも自分の好きなことをやってたくて。


今これから自分がやろうとしてることが
本当に自分のやりたいことなのかわからなくて
確証も無いまま周りの状況だけが変わっていって
自信も無いまま新しい環境に飛び込んでいかなくちゃならないことに
少なからず不安を抱いているせいなんだと思うんだけど。


でも、なんつーか
じぶんの好きなことだけをやって生きていけるほど
人生は甘くないってのも重々わかってるつもりだから。



例えば、人生は70年だとして。
最後の35年間は自分のやりたいことをやりたいようにやる。
それを叶える為にも、この先10年間は辛いことでも我慢してやろう。
その先にある35年間の礎として、これからの10年を捧げよう。
そういうつもりでがんばろう。



と、自分に言い聞かせてなんとか奮い立たせようという作戦。
スポンサーサイト
なにも書きませんよ。
必ずしも全ての店に当てはまるというわけでは無いと思いますが。


例えばA店でTシャツを一枚、B店でキャミを一枚買ったとします。
そして小さな袋を二つぶら下げて三軒目C店で買い物をすると
たいていの場合、C店の店員さんは「お荷物まとめましょうか」と言って
A店、B店で買ったものをC店の品と一緒に
大き目の袋にまとめて入れてくれることでしょう。

これって、純粋な親切心から言ってるんだと思います?


ここからは、ひねくれ者であるあたしのひねくれた見解です。
当たってるのかどうかは一切保障できません。


あのね、買い物袋って一種の広告だと思うんですよ。
特に服のブランドのなんかはデザインがかなり凝ってて
袋が欲しくて買い物に行っちゃう人もいるくらい
とってもステキだったりするんです。

そんなステキな袋をたくさんの人が持ち歩いてたら
あの店は人気あるんだな、良いものが置いてあるんだろうな、
ちょっと行ってみようかなー、と良い宣伝になるはず。
ただ、たくさんの袋がゴチャゴチャと重なっていたのでは
どんなオシャレデザインでも目立たなくなっちゃうでしょうね。

そこで「他のお荷物、大きい袋に入れましょうか」と声をかけ
お客さんに自分の店の目立つ袋を持たせて
他店のものは自店の袋の中に全部隠す。

そうして大きな宣伝効果を狙ってるんじゃないかなー
なんてことを考えてみたんです。
どんなもんでしょう。
大好きな人と幸せになれますように☆

織姫、お前もがんばれよ。
いつもいつも楽しませていただいているブログ
今日知ったことを淡々と記録するよ』に
震度4の地震にも爆睡してて気づかなかった人の話が載ってましたが
あたしはそれをも上回る図太い心臓の持ち主に会ったことがあります。

彼は大阪だか神戸だか、とにかくその辺りの人だったと思います。
それで、話の流れで阪神大震災の話になったときのこと。

「そう言えば、Kくんは阪神大震災の被災者なんじゃないの?」

「うん、そうだよ」

「大丈夫だったの?」

「オレは大丈夫だったけど、家が潰れちゃって」

「まじで!? 無事に逃げ出せたの? あれって、夜中だったよね?」

「や、それがさ、オレの部屋って二階にあったんだけどさ。
 前の晩にお休みーって二階に上がったはずだったのに
 朝起きたら一階に寝てたんだよね。窓の外がさ、なんか低いんだよ。
 でもその時オレがいたのはやっぱり二階の自分の部屋だったし、
 寝ぼけて一階に下りたわけでも無さそうだったんだけど
 なーんか窓の外だけ低いんだよ。見慣れない景色でさ。
 で、おっかしいなぁーと思って外見たら、親父もお袋も外に出てて
 『大丈夫かー!』って手振っててさ。
 何やってんのかなーってよくよく見てみたら、家の一階が丸々潰れてた」

「ゑっ!? 家が崩れたのに起きなかったの?」

「もう、全然。ほんとに、目覚めたら一階になってたって感じ。
 一階に寝てた親父とお袋がちゃんと非難してくれててホント良かったよ。ハハハハ」


……絶句。
返す言葉もございませんでした。
この人、すごすぎ。
引越しに備えて荷物を片付けていたら
マイクロダイエットの試供品が出てきました。
むー、そう言えば去年のフライトでもらったんだっけ。
というわけで、せっかくなので飲んでみます。

基本的にダイエット商品てのは効かないように出来てるんだそうですよ。
だって、みんながみんなすぐに痩せちゃったら
それを売ってるに方は儲けが出なくなっちゃうからね。
「効かないのは数が足りないからですよ」とか言って
効かない物を何年も売り続けることで儲けを得てるんですって、ああいう業者は。
ということを念頭に置きながら、マイクロダイエットを飲んでみます。

まずシェイクを作ってみる。
水を加えてよく混ぜる。うん。
色: ビミョ―――。
エビアンのボトルを使ったせいかもしれませんが。

飲んでみる。
味: ビミョ―――。
これは味わって飲むもんじゃないですね。

というわけで一気飲み。
食後: オェ―――。
重いです。
確かに腹は満たされたけど、食後の満足感は得られないなぁー。

そして
一時間後: お腹空いた―――。
ま、所詮はシェイクですからね。

一回分の食事をこのシェイク一杯で済ます、ということですが
大食な人がいきなりコレに切り替えるのはハッキリ言って無理でしょうね。
ダイエットの一番のポイントは間食をしないことなのですが
食事がこんな少ないのでは、間食を増長することになるんじゃないかと。
ま、そこがマイクロダイエット社の狙いなのかもしれませんが。

というわけで結論。
マイクロダイエットで痩せれるような人は
どんなにお腹が空いても間食を我慢できる人。
つーか、そんな人はダイエット商品なんかに頼らなくても痩せれるでしょう。
普通の人はそれが我慢できないからこそダイエット商品に頼るわけで
そういう人にとってはマイクロダイエットは意味が無いだろうと。
てか、効くように出来てるのかどうかがまず謎ですけどね。

今頃気づいたけど、試供品の賞味期限切れてた。
先日誕生日を迎えた友達に
「このまま三十路まで突っ走ろうぞー!」
というお祝いメールを送ったところ、こんな返事が来ました。

「もげもげ」

……モジャ公かょ、お前。

ちなみに「モジャ公」に出てくるモジャルは「もじゃもじゃっ!」としか喋れない上
怒ると「もじゃー!」と叫びながら超音波を出して周囲の人の頭を締めつけるという
なんとも恐ろしい登場人物……もとい、登場モジャ物なのです。

ということは。
このもげもげ言ってる人もモジャルの様な生き物なのかもしれない。
下手に怒らせると「もげー!」と叫んで超音波を出すかもしれない。

というわけで、このメールには敢えてツッコミを入れないことにしましたとさ。
もげもげ。
あたし、お尻の形わるーっ!!
Tバック履くのやめよっかなぁ……
と、ショボくれている今日この頃。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。